遊戯王カード考察:≪ヘッド・ジャッジング≫当たれば強力なまさにギャンブルカード!セカンド・チャンスは使える?

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)このカードです。

 

 

カード説明

ヘッド・ジャッジング
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
発動したそのプレイヤーはコイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、このカードは墓地へ送られる。
ハズレの場合、その発動を無効にし、
そのモンスターのコントロールをそのプレイヤーから見て相手に移す。

wiki

 

汎用の永続罠です。

Ms.JUDGEが〇か×、どちらの判定を下すべきか悩んでいます。

頭の中で〇派と×派が熾烈な争いを繰り広げているのが可愛らしいですね。

ヘッド・ジャッジとはマジック・ザ・ギャザリングなどの大会における

審判の統括者でトーナメントゲームにおける最高責任者です。

とても責任重大な立場であり判定に悩むのも致し方ありません。

 

 

カード説明

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
発動したそのプレイヤーはコイントスを1回行い、裏表を当てる。

①の効果は1ターンに1度、

自分か相手がモンスター効果を発動した時に

そのモンスター効果を発動下プレイヤーがコイントスを1回行い、

裏表を当てるというものです。

基本的には相手のモンスター効果に対して使い、

相手にコイントスをさせる事になるでしょう。

 

当たった場合、このカードは墓地へ送られる。

当たった場合はこのカードは墓地へ送られます。

相手にとっての「当たり」でありこちらにとっての「外れ」と言えます。

 

ハズレの場合、その発動を無効にし、
そのモンスターのコントロールをそのプレイヤーから見て相手に移す。

そして外れた場合、その発動を無効にしてコントロールを相手に移します。

相手のモンスターに対して使用した場合、自分の視点で見た場合

効果を無効にしつつさらにコントロールも奪えるというもので

大きなアドバンテージを取る事が可能です。

さらに永続罠故に当たった場合、そのままこのフィールドに残る為

次のターン再度効果を発動する事もできます。

当たり続けている限り相手の行動を大きく妨害できる

まさにハイリスクハイリターンのギャンブル効果だと言えるでしょう。

相手のエース級のモンスターを奪えれば理想的ですが

展開要員となるモンスターを奪うのも妨害として優秀です。

 

 

セカンド・チャンスの対象内?対象外?

所で個人的にこのカードでとても気になる事があって

相手モンスターの効果に対してこのカードを発動した場合、

セカンド・チャンスって使えるのでしょうか?

セカンド・チャンスは「自分がコイントスを行う効果」を振りなおせるわけですが

このカードで相手モンスターに使用した場合、相手がコイントスを行うので

セカンド・チャンスの対象内かどうかかなり怪しい気がするんですよね。

wikiには使えると書いてありますが実際の所どうなんでしょう?

もし使えるのであれば4分の3の確率で相手モンスターを奪える事になるので

非常に強力なカードとなってくれるでしょう。

 

またあえて自分のモンスターに使って

No.30 破滅のアシッド・ゴーレムあたりを相手に送り付ける事も可能です。

この場合確実に送り付けられる強制転移や死のマジック・ボックスなどがありますが

このカードの場合コイントスに成功すれば繰り返し使える利点もありますし

普通に相手モンスターに対して使う選択肢も選べるので

特化したデッキであれば一緒に採用するのもありでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました