遊戯王カード考察:≪ジャック・ア・ボーラン≫アンデットワールドがあれば嫌がらせの権化のような存在に

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ジャック・ア・ボーラン
効果モンスター
星7/炎属性/アンデット族/攻1500/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からアンデット族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:相手メインフェイズに、
自分または相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
その後、表側表示のこのカードをエンドフェイズまで除外する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

炎属性アンデット族のレベル7モンスターです。

ゴースト王-パンプキング-から骸骨の手と首、

そして刃のような翼が生えた形状をした異形の怪物です。

全身から噴き出る青い炎やランタン型の杖など実に禍々しくも美しいです。

 

墓地からアンデット族を蘇生しつつ自分は逃げる

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からアンデット族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、手札からアンデット族1体を捨てる事で

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

手札コストこそ必要なものの②の効果で蘇生に繋げられるので無駄がありません。

馬頭鬼のように墓地で発動する効果を持っているものを墓地に送るのもいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手メインフェイズに、
自分または相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
その後、表側表示のこのカードをエンドフェイズまで除外する。

②の効果は1ターンに1度、相手メインフェイズに

自分か相手の墓地にあるアンデット族1体を特殊召喚、

さらにその後自身をエンドフェイズまで除外するというものです。

相手ターン限定ながらフリーチェーンで一時的に除外が可能であり

モンスターを蘇生しつつ相手の除去や攻撃から難を逃れる事が可能です。

 

この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

ただ蘇生したアンデット族はフィールドから離れた場合に除外されてしまいます。

相手ターン限定な為、各種素材にするには相手ターンをしのぐ必要があり

下手に蘇生するとかえって墓地アドバンテージの損失に繋がってしまいます。

アンデット族であれば何でも蘇生が可能なので

ステータスの高いモンスターなど少しでも場持ち性能の高いカードを蘇生するといいでしょう。

 

ワンダー・エクシーズなどで相手ターンにエクシーズ召喚してしまう手もあります。

この場合ゴゴゴゴーレムを蘇生してレベル4を2体並べられるゴゴゴゴーストあたりが

蘇生候補としてオススメです。

 

 

アンデットワールドがあればやりたい放題

相手ターンにフリーチェーンで蘇生する関係で

特殊召喚時に効果を発動できるアンデットが有力な蘇生候補になってきます。

特殊召喚時に相手モンスターを破壊できる麗の魔妖-妖狐や

同じく特殊召喚時に複数枚の除去が狙える炎神-不知火は

相手の展開の妨害として大いに機能してくれます。

ステータスが高くある程度の場持ちが期待できるのも嬉しい点です。

 

 

またアンデットワールドがあれば

相手モンスターを積極的に蘇生する事が可能になります。

この場合相手の蘇生効果に合わせてその蘇生対象を奪い取って妨害できますし

破壊されても相手の墓地に返さずに除外するしで非常にいやらしいです。

しかもこれがこのカードかアンデットワールドをどうにかしない限り毎ターン可能であり

このカード自身はフリーチェーンで除外ゾーンに避難してしまうので

相手からすれば厄介な事この上ないでしょう。

アンデットワールドを活用するデッキであれば

戦術の幅を広げるのにとても役立ってくれる1枚です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました