遊戯王カード考察:≪チューン・ナイト≫ある種待望の炎属性戦士族のユニオン!エクスパラディンの装備として最適

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

チューン・ナイト
ユニオン・効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 500
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、このカードをチューナーとして扱う。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。

wiki

 

炎属性戦士族のレベル1ユニオンモンスターです。

チーズ型のランスとネズミ捕り型の盾が特徴的な鼠の騎士です。

ちょっとキザっぽい目つきが腹立ちます。

もういかにも獣戦士族って見た目ですが戦士族です。

カード名の由来とかこれ多分説明いりませんね。

鳴き声とチューナーをかけてます。

 

 

チューナーになれるレベル1ユニオン

スポンサーリンク

 

①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、このカードをチューナーとして扱う。

 

①の効果は特殊召喚にした場合に

そのターンの間だけ自身をチューナーとして扱うというものです。

レベル1なのでワン・フォー・ワンやトゥルース・リインフォースなどで特殊召喚可能です。

 

この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

ただ制約として効果を発動したターンは

EXデッキから1度だけしか特殊召喚ができません。

ハリファイバーに繋げてさらに連続リンク、といった事は出来ないわけですね。

基本的にはそのままシンクロ召喚に繋げる事になるでしょう。

 

 

②:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自身を他のモンスターの装備カードにして

1度だけ破壊の身代わりになる、

もしくは装備されている状態の時に特殊召喚をするというものです。

ユニオンモンスター共通の効果であり特に装備して打点強化とかそういうのはありませんが

装備するモンスターに指定はなく好きなモンスターに装備させる事が可能です。

 

 

エクスパラディンで装備してイゾルデのリンク召喚へ

このカードの最大のポイントは炎属性戦士族のユニオンである事です。

昇華騎士-エクスパラディンの効果でデッキから装備可能であり

そのまま特殊召喚する事で戦士族が2体並び

聖騎士の追想 イゾルデをはじめとするLINK-2に繋げられます。

レベル1故にそのイゾルデからの特殊召喚もしやすく

装備魔法1枚を墓地に送れば2枚目のこのカードを特殊召喚、

LINK-3へと繋げられます。

イゾルデ以外にも炎属性が2体並ぶので

ドリトル・キメラへのリンク召喚へ繋げるのもいいでしょう。

 

勿論そのまま①の効果を発動しシンクロ召喚へ繋げても構いません。

エクスパラディンと組み合わせた場合レベル4のシンクロ召喚が可能であり

虹光の宣告者に繋げて相手の動きを妨害したり

水晶機巧-クオンダムに繋げて相手ターンにシンクロ召喚を狙ったりが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました