遊戯王カード考察:≪トランシケーダ≫ビー・フォースのサポートに、制約は抜け道もあります

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

トランシケーダ
チューナー・効果モンスター
星3/地属性/昆虫/攻800/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ヌケガラトークン」(昆虫族・地・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

wiki

 

地属性昆虫族のレベル3チューナーです。

虹色の羽根を持つ青色の蝉型ロボットが脱皮をしています。

よく見るとしがみついている木も機械製です。

カード名は変化、変形を意味する「トランスフォーム」と

蝉を意味する「シケーダ」からだと思われます。

 

 

特殊召喚時にトークン生成

スポンサーリンク

 

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ヌケガラトークン」(昆虫族・地・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

レベル3のトークン1体を生成するというものです。

特殊召喚する方法としてはB・F-早撃ちのアルバレストやギガプラント、

虫忍 ハガクレミノなどが存在します。

このカードはチューナーでありトークンを生成すれば

そのままレベル6のシンクロ召喚へ繋げる事が可能です。

エクストラデッキからの特殊召喚はできなくなりますが

天帝従騎イデアの特殊召喚にも対応しています。

 

 

この効果で特殊召喚したトークンがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

ただしトークンがモンスターゾーンにいる間は

昆虫族しかEXデッキから出せない制約が発生します。

基本的には昆虫族用のシンクロやリンクに使う事になるでしょう。

このカードのみで出せるシンクロとしてはB・F-突撃のヴォウジェ、

リンクとしては虫忍 ハガクレミノや甲虫装機 ピコファレーナなどが該当します。

またトークンが離れさえすれば制約がなくなるので

例えばB・F-早撃ちのアルバレストで蘇生した後に

トークンとアルバレストでピコファレーナのリンク召喚を行い、

その後に改めてこのカードと共にリンク3に繋げると言った動きは可能です。

 

 

前述の様に特にB・F-早撃ちのアルバレストでの蘇生が狙いやすく

チューナーである事も含めて特に【ビー・フォース】と相性のいいカードです。

特殊召喚する手段がアルバレストだけでは心もとないという場合には

切り込み隊長や蘇生手段なども容易しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました