遊戯王カード考察:≪シンクロ・チェイス≫遊星デッキ用シンクロサポート!大量ドローも狙える

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

シンクロ・チェイス
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」SモンスターのS召喚に成功した場合、
そのS召喚の素材とした自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
元々のカード名に「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」の内、
いずれかを含む自分のSモンスターの効果の発動に対して
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

ウォリアー及びシンクロン及びスターダスト用の永続魔法です。

 

ラインディングデュエルのサーキットで

ジャンク・ウォリアーの後をジャンク・シンクロンが追従しています。

効果を考えるとジャンク・ウォリアーをシンクロ召喚した後に

ジャンク・シンクロンを蘇生させたのでしょう。

実際に作中でもこの2体でスターダスト・ドラゴンに繋げた場面があります。

 

 

シンクロ素材をすぐさま補填

スポンサーリンク

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」SモンスターのS召喚に成功した場合、
そのS召喚の素材とした自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

ウォリアー、シンクロン、スターダストいずれかのシンクロ召喚した場合に

シンクロ素材1体を守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

丁度遊星が使用する3つの系統のモンスターに対応していますね。

個人的には「ジャンク」にも対応して欲しかった所ですが。

該当するシンクロモンスターは相当に多く

特にレベル5、レベル6のラインナップは充実しています。

イラストのようにジャンク・ウォリアーのシンクロ召喚からジャンク・シンクロンを蘇生すれば

レベル8のシンクロ、特にクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンのシンクロ召喚に

即座に繋げる事が可能です。

 

 

②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
元々のカード名に「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」の内、
いずれかを含む自分のSモンスターの効果の発動に対して
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

②の効果はウォリアー、シンクロン、スターダストのいずれかに属するシンクロが

効果を発動する際に相手のチェーンを封じるというものです。

特に幽鬼うさぎや灰流うららといった手札誘発の対策として効果的です。

スターダスト・アサルト・ウォリアーなどはシンクロ召喚時に効果を発動するので

奈落の落とし穴などの対策としても機能するでしょう。

 

 

ドッペル・ウォリアーやチューニング・サポーター等と組み合わせて

連続シンクロに繋げる為のモンスターを補充しつつ

さらに効果の発動も妨害されにくくなるというありがたいカードです。

特にドッペル・ウォリアーなどを素材にできた場合が強力で

例えばジャンク・シンクロンでドッペル・ウォリアーを蘇生してアクセル・シンクロンを出し、

このカードでジャンク・シンクロンを蘇生させれば

素材3体の水晶機巧-グリオンガンドに繋げられます(トークンは1体余ります)。

レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラントに繋げるのもいいでしょう。

 

個人的にはチューニング・サポーターを蘇生させるのも面白いです。

金華猫あたりでチューニング・サポーターを蘇生させてフォーミュラ・シンクロンを出し、

このカードでチューニング・サポーターを蘇生させる事で

レベル3かレベル4のシンクロに繋げつつ3枚ドローが可能です。

 

 

アクセル・シンクロンのような相手ターンでシンクロ召喚できるカードを使えば

相手ターンにも②の効果を発動する事が可能です。

例えば上記のフォーミュラ・シンクロンをに繋げる流れですが

あともう1体レベル1かレベル2モンスターを用意して待機しておけば

相手ターンにアクセル・シンクロンのシンクロ召喚を繋げる事で

再度チューニング・サポーターを蘇生、

そこから更にレベル6、レベル7のシンクロ召喚に繋げつつ1ドローが可能です。

散々ドローした挙句ブラック・ローズ・ドラゴンで一掃なんて芸当もできます。

 

 

ちょっとやれる事がありすぎて何ができるかも想像できませんが

水晶機巧-ハリファイバーを絡めるともっと恐ろしい事もできそうです。

ジャンク・シンクロンでドッペル・ウォリアー蘇生してアクセル・シンクロンを出し

シンクロ・チェイスでドッペル蘇生しアクセルとトークンでハリファイバーリンク召喚、

ハリファイバーでジェット・シンクロンをリクルートしドッペルと共に武力の軍奏をシンクロ、

武力の軍奏でジェット・シンクロン再度蘇生、

武力の軍奏とトークンでレベル4シンクロを出し、

チューナーになったレベル4シンクロとトークンでTGハイパーライブラリアンシンクロ、

ジェット・シンクロンとトークンとで天輪の双星道士をシンクロ、

天輪の双星道士でドッペルを蘇生させ2体を素材に波動竜フォノン・ドラゴンをシンクロ、

フォノンのレベルを2にしてトークンと共にサイバース・インテグレーターをシンクロ、

ここまでが自分ターン。

相手ターンにハリファイバーリリースしてフォーミュラ・シンクロンを出し

フォーミュラ・シンクロンとインテグレーターでスカー・ウォリアーをシンクロ、

シンクロ・チェイスでフォーミュラ・シンクロンを蘇生させる。

最後にライブラリアン、スカー・ウォリアー、フォーミュラの3体で・・・。

はい、墓地にドッペル・ウォリアーがあるのが前提ですが

このカードとジャンク・シンクロンの2枚から

相手ターンにリミットオーバーアクセルシンクロしつつ6枚ドローができました。

・・・頭の上での計算ですけど間違ってないですよね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました