遊戯王カード考察:≪コンドーレンス・パペット≫ギミック・パペットの墓地肥やしを強力にサポート!

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

コンドーレンス・パペット
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスターの数+1枚まで、
デッキから「ギミック・パペット」モンスターを墓地へ送る(同名カードは1枚まで)。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの機械族Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、相手の効果では破壊されない。

 

【ギミック・パペット】のサポートとなる通常魔法です。

ギミック・パペット-ビスク・ドールが棺の中で横たわっています。

死体のように無機質に横たわる様子が不気味さを引き立たせていますね。

コンドーレンスとは哀悼や弔慰といった意味であり人形供養を現していると思われます。

 

 

墓地肥やしをしつつ耐性付与

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスターの数+1枚まで、
デッキから「ギミック・パペット」モンスターを墓地へ送る(同名カードは1枚まで)。

①の効果は1ターンに1度、

エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスター+1の種類分

デッキからギミック・パペットを墓地へ送るという墓地送り効果です。

特に展開の要となるネクロ・ドールを墓地に送れるのがありがたく

状況次第で複数体墓地に送れる為傀儡儀式-パペット・リチューアルも発動しやすくなります。

同じくギミック・パペット用の墓地肥やし手段にシザー・アームがありますが

あちらと違い召喚権を必要としないのもポイントです。

 

相手の場にEXデッキのモンスターが多ければ多いほど効果を発揮しますが

1体も存在せずとも1体は墓地肥やしが出来る点は覚えておきましょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの機械族Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、相手の効果では破壊されない。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

自分の場の機械族エクシーズに効果破壊耐性を付与するというものです。

ギミック・パペットのエクシーズは全体的にステータスの高いモンスターが多い為

この効果で耐性を付与する事で飛躍的に場持ち性能が高まるでしょう。

現在はブラック・ホールとサンダーボルトが合計で4枚積める時代ですし

そういった全体除去で一掃される危険性が減るのは嬉しいポイントです。

 

 

機械族エクシーズであれば耐性を付与できる

何かと墓地肥やしが課題になる【ギミック・パペット】にとって

強力な墓地肥やし手段が確保できたのが何よりもありがたいポイントです。

最低でも1体、相手がリンクモンスターを並べていた場合には

一気に数体の墓地肥やしが可能であり蘇生を絡めた戦術が非常にやりやすくなります。

 

また②の効果は機械族エクシーズ全般で機能を発揮します。

むしろギミック・パペット以外の方が耐性付与がありがたいモンスターも多く

ギミック・パペット以外で採用しおろかな副葬などで直接墓地に送る手もあります。

特にサイバー・ドラゴン・インフィニティに耐性を付与させれば厄介度が数段上がるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました