遊戯王カード考察:≪ダークナイト@(アット)イグニスター≫とにかく蘇生しまくれる、マーカー配置も優秀

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

ダークナイト@イグニスター
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻2300/LINK-3
【リンクマーカー:左下/下/右下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
カード名が異なるモンスター3体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先に
モンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り
このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
暗影開闢!世界に散らばりし闇夜の英知!
我が手に集い覇気覚醒の力となれ!リンク召喚!現れろ!
LINK-3!ダークナイト@イグニスター!!

 

【@イグニスター】に属する闇属性サイバース族のLINK-3です。

VRAINSにおけるAiが全てのデュエルで使用し

さらにはラストバトルにおける最後の1体という堂々たるエースカードです。

アニメでは同じ攻撃力のモンスターとの戦闘では破壊されない限定的な耐性を持っていましたが

OCGに伴いオミット、Ai打ちの方に効果が移動しています。

 

コード・トーカーによく似た姿をしたモンスターです。

特にデコード・トーカーに似ていますが、鎧部分が紫色だったり

悪魔のような翼が生えているのが特徴的です。

何ていうか「悪のデコード・トーカー」とも言うべき見た目ですね。

@イグニスター共通の紋章は左肩に存在しています。

 

 

蘇生して・・・さらに蘇生する!

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター3体

リンク素材にはカード名が異なるモンスター3体を指定しています。

【@イグニスター】においてはイグニスターAiランドを活用したり

自己展開能力を持つヒヤリやドシンを活用する事で素材を揃えやすいでしょう。

墓地に蘇生対象がいればサイバース・ガジェットを用いてLINK-1を経由する事で

かーど1枚からリンク召喚を狙う事も可能です。

 

リンクマーカーは下方向に3つとEXモンスターゾーン向けの配置です。

効果の方もリンクマーカーに密接に関係があるので

EXモンスターゾーンに出す事が前提となるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先に
モンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り
このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、リンク先にモンスターが特殊召喚された場合に

墓地からレベル4以下の@イグニスターを効果を無効にして可能な限り特殊召喚する蘇生効果です。

このカードは下方向3つにリンクマーカーがあり、

発動条件としてそのうち1つのリンク先にモンスターが特殊召喚される必要があるので

基本的には最大2体の@イグニスターを蘇生できる形になります。

②の効果から繋げる他にもヒヤリたドシンが自己展開効果を持っていますし

Aiドリング・ボーンで蘇生をしてもいいので発動を狙うのは難しくありません。

蘇生した@イグニスター達は効果が無効になりますし攻撃力守備力も低いので

そのまま各種素材に繋げるのが基本となるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、このカードで相手モンスターを戦闘破壊した時に

墓地からサイバース族1体を特殊召喚する蘇生効果です。

この効果で自分のリンク先に蘇生する事でそのまま①の効果に繋げる事が可能です。

攻撃力は2300とそこまで高いわけではないので

Ai打ちなどの戦闘補助を活用したり

相手の場にサンドバッグを送り付けるなどの工夫をするといいでしょう。

①の効果と違い蘇生対象にレベルの制限はない為

リンクモンスターでもシンクロモンスターでも問題なく蘇生可能です。

 

 

他のサイバース族デッキにも採用してみる?

【@イグニスター】にとって主軸になるカードであり

まずはこのカードのリンク召喚を狙いつつ素材にした@イグニスターを蘇生、

そこからファイアフェニックスなりライトドラゴンなり並べるというのが

基本的な動きの1つとなってくるでしょう。

Ai打ちと相性がいいカードなので特に②の効果を活用したい場合は

出来るだけAi打ちを確保できるようにしておくのがいいでしょう。

 

 

【@イグニスター】の他のエース級のカードは汎用性の高いものが多いですが

このカードは珍しく@イグニスターに直接かかわる効果を持っており

素直に【@イグニスター】で使う事が基本のかーどになっています。

とは言えリンク素材自体は汎用的な素材でも可能であり

また①の効果こそ使えませんが②の効果はサイバース族デッキ全般で、

そうでなくともサイバース族のリンクをあらかじめ出しておけば活用が可能です。

優秀なリンクマーカーを持っている事もありEX召喚枠が欲しいのであれば

【@イグニスター】以外に採用する選択肢は充分にあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました