遊戯王カード考察:≪クロノダイバー・ベゼルシップ≫毎ターンの蘇生も狙えるクロノダイバーの過労死枠です

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

クロノダイバー・ベゼルシップ/Time Thief Bezel Ship
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1000/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースし、
自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

海外の新テーマ、【クロノダイバー】に属する

闇属性機械族のレベル4モンスターです。

ネジを思わせるような構造をした船です。

恐らくはタイムワープ機能があるものと思われます。

ベゼルとは腕時計のパーツの1つで風防を覆う円状の外周部分を指します。

こんな感じのパーツですね。多くの場合何かしらの目盛りがついています。

 

 

余ったエクシーズ素材で自己蘇生

スポンサーリンク
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースし、
自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、自身をリリースする事で

相手の墓地のカード1枚を

自分のクロノダイバーエクシーズのオーバーレイユニットにするというものです。

相手の墓地にカードが存在している必要こそありますが

特定の種類のカードをある程度任意にオーバーレイユニットにする事が可能です。

特にクロノダイバー・リダンの罠カードを素材としている時の効果を発動させたい場合には

この効果で相手の罠を奪う事が重要になるでしょう。

地力ではオーバーレイユニットを補充できない

クロノダイバー・パーペチュアに素材を渡したい場合にも活用できます。

 

またフリーチェーンで発動可能であり

②の効果で蘇生してそのままこちらの効果に繋げる事も可能です。

相手ターンに戦線復帰などで蘇生しそのままこの効果でリダンに罠カードを渡せば

相手に不意を突く形でフリーチェーンの除去を狙う事も可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

②の効果は1ターンに1度、自分の場のオーバーレイユニットを1つ取り除く事で

墓地からこのカードを特殊召喚する自己蘇生効果です。

特にクロノダイバー・リダンは自力でオーバーレイユニットの補充が可能であり

効果の性質上モンスターカードのオーバーレイユニットを複数持つ意味も薄いので

この効果の為に取り除くのに適しています。

蘇生すればそのまま①の効果に繋げる事も出来ますが

その場合は除外されてしまい再利用ができなくなる点には注意です。

逆にこの手の除外デメリットではお馴染みですが

エクシーズ素材にする事で除外を回避する事が可能です。

 

 

相手から盗めるというのが大事

単純にリダンに魔法カードや罠カードを素材にするだけであれば

自分のデッキから直接素材を引っ張ってこれるクロノダイバー・パーペチュアや

クロノダイバー・フライバックが存在します。

ですがクロノダイバーの魔法カードと罠カードは現在それぞれ1枚ずつしかなく

積極的にデッキから引っ張って来て素材にしてはすぐにデッキからなくなってしまいます。

相手依存にこそなりますが相手の場から素材を拝借できるこのカードは

何度もリダンの魔法や罠を素材にした時の効果を使いたい場合には大事になってきます。

 

 

ちなみに②の効果はエクシーズモンスターを軸とするデッキ全般で活用が可能です。

エクシーズ素材にする事で繰り返し蘇生できるレベル4として機能します。

ただその為には素材の余ったエクシーズが必要であり

そこから更にエクシーズ召喚に繋げる為のリンクマーカーが必要になってきます。

そういう意味では自力でメインモンスターゾーンに移動でき

オーバーレイユニットの補充が出来るリダンとの相性がやはり一番いいと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました