遊戯王カード考察:≪コンタクト・ゲート≫ネオスペーシアンを場に並べたい時には是非に

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

カード説明

 

コンタクト・ゲート
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地から
「N(ネオスペーシアン)」モンスター2種類を1体ずつ除外して発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から
「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果を発動したターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分フィールドの表側表示の、
「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターがEXデッキに戻った場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
除外されている自分の「N(ネオスペーシアン)」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

ネオスペーシアン用の通常魔法です。

 

 

銀河の渦から6色の光が飛び散っています。

そのうちの1体がN・グランモールな所を見ると

この光はそれぞれのネオスペーシアンを現しているのでしょう。

何かアニメのオープニングとかでありそうな構図ですね。

 

 

場に2体のネオスペーシアンを

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地から
「N(ネオスペーシアン)」モンスター2種類を1体ずつ除外して発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から
「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

①の効果は1ターンに1度、

墓地からネオスペーシアン2種類を除外する事で

手札、デッキ、墓地のいずれかからネオスペーシアン2種類を特殊召喚可能です。

発動の準備に墓地を揃える必要があるものの

コンタクト・コンバートを使う事で墓地にネオスペーシアンを確保する事が出来るので

そこまで発動は難しくないでしょう。

E・HEROプリズマーなどの墓地肥やし手段も使う事でより発動が狙いやすくなります。

フィールドに複数のネオスペーシアンを並べる事が出来るので

特にスペーシア・ギフトを発動したい場合に重宝します。

 

この効果を発動したターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

ただし発動したターンEXデッキからは

融合モンスターしか特殊召喚出来なくなる制約が発生します。

②の効果や使用するデッキを考えても

基本的にはネオスも一緒に並べてコンタクト融合を狙っていく事になるでしょう。

 

 

②:自分フィールドの表側表示の、
「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターがEXデッキに戻った場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
除外されている自分の「N(ネオスペーシアン)」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

②の効果はネオスを融合素材とする融合モンスターが

エクストラデッキに戻った場合に、墓地から除外する事で

除外されてるネオスペーシアン1体を特殊召喚出来るというものです。

①の効果で墓地のネオスペーシアンを除外していればそれを特殊召喚可能です。

コンタクト融合をしていればエンドフェイズ時にEXデッキに戻るのでその時に特殊召喚が可能ですが

そのまま相手ターンになってしまう事を考えると

ある程度壁として機能するN・グランモール以外はあまり場に出すうま味が無いのが厳しい所です。

コンタクト・アウトを使えば任意のタイミングでEXデッキに戻せるので

そちらの方であれば特殊召喚したネオスペーシアンを有効活用しやすいでしょう。

 

 

墓地の兼ね合いには気を付けて

コンタクト融合を活用するデッキにとっては

場にネオスペーシアンを揃える貴重な手段として機能してくれます。

特にこのカードとネオスペース・コネクターを合わせる事で

E・HERO コスモ・ネオスのコンタクト融合まで狙う事が可能です。

 

問題点としては墓地のネオスペーシアンを除外してしまうので

ミラクル・コンタクトやNEXTとの兼ね合いが悪い点でしょうか。

一応②の効果で除外したネオスペーシアンのうち1体はフィールドに戻せるので

相手が普通に破壊してくれれば結果的に必要な墓地コストは1体で済みます。

フォローするのであれば異次元からの埋葬や竜嵐還帰など

除外したネオスペーシアンを再利用する手段も活用していくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました