2019年10月の制限改定判明!9期で暴れたあのカード達が禁止から帰ってくる!

スポンサーリンク

2019年10月のリミットレギュレーションが判明しました。

 

 

規制強化されたカード

 

・禁止
守護竜アガーペイン
エクリプス・ワイバーン
ソウル・チャージ

 

・制限
輝白竜ワイバースター
鎖龍蛇-スカルデット
ドラコネット
魔鐘洞

 

規制緩和されたカード

・制限
十二獣の会局
ドラゴニックD

 

・準制限
E・HEROシャドー・ミスト
捕食植物オフリス・スコーピオ
レディ・デバッガー
妨げられた壊獣の眠り
SPYRAL RESORT
名推理
竜呼相打つ
ワン・フォー・ワン

 

・無制限
ABC-ドラゴン・バスター
ダーク・アームド・ドラゴン
TG ハイパー・ライブラリアン
デビル・フランケン
氷結界の龍トリシューラ
影霊衣の反魂術
リミッター解除
神の通告

 

 

 

 

個別ピックアップ

禁止カードが新たに3つ追加されましたが

同時に2枚のカードが禁止から復帰しました。

他制限カードから準制限になったカードも数多くあり

全体的には規制よりも緩和の方が多い印象ですね。

それではいくつかピックアップしていきましょう。

 

 

守護竜アガーペイン(無制限→禁止)

エクリプス・ワイバーン(無制限→禁止)

輝白竜ワイバースター(無制限→制限)

ドラコネット(無制限→制限)

【ドラゴンリンク】で使われていた多くのカードが規制されています。

やはりアガーペインはドラゴン族サポートとしては強力すぎたようです。

それだけでなくエクリプス・ワイバーンやワイバースターといった

カオスドラゴン用のカードにも規制が入っています。

守護竜ユスティアなどを引っ張ってこれたドラコネットも制限であり

【ドラゴンリンク】は大きな痛手を受けた形となるでしょう。

 

 

ソウル・チャージ(制限→禁止)

鎖龍蛇-スカルデット(無制限→制限)

強力な蘇生カードであったソウル・チャージが禁止となりました。

単純に強力な性能を誇るカードであったのもそうですが

スカルデットが制限になっているあたりを考えると

最近日本で発売されたばかりの未界域を警戒しての禁止である可能性があります。

 

 

魔鐘洞(準制限→制限)

前回準制限に規制された魔鐘洞がさらに規制されました。

他のフィールド魔法用のカードも規制された事で

魔鐘洞デッキは安定性が下がり大会で見る機会も減りましたが

そもそもこのカードがあるとフィールド魔法用のサポートが

緩和できないから、といった理由での制限かもしれませんね。

もしそうであれば今後メタバースなどの規制が緩和されるかもしれません。

 

 

十二獣の会局(禁止→制限)
ドラゴニックD(禁止→制限)

9期にて猛威を振るっていた2つのテーマ【十二獣】と【真竜】、

それぞれのキーカードの1つが禁止解除となりました。

この2つのテーマはまだ多くの主要パーツが規制されているものの

今回禁止解除された2つのカードも強力なカードである事は間違いなく

それぞれのテーマの強化に大きく貢献してくれるでしょう。

 

 

捕食植物オフリス・スコーピオ(制限→準制限)

ダーリング・コブラと共に様々なデッキで出張したオフリス・スコーピオが緩和です。

特に【植物リンク】において猛威を振るっていたのですが

その植物リンクが既に大幅に規制されて鳴りを潜めている為に

緩和しても大丈夫と判断されたのでしょう。

個人的には前回の改定で緩和されるものだと思っていましたが

少し遅れた形での緩和となりました。

【捕食植物】にとっては大きな朗報ですね。

 

 

E・HEROシャドー・ミスト(制限→無制限)

M・HERO用の強力なサポートであるシャドー・ミストが緩和です。

特にマスク・チェンジを使用するタイプのHEROデッキにとっては

非常にありがたい緩和と言えます。

単純にHERO用のサーチカードとしても重要が高く

V・HEROやD・HERO、E-HEROなどにも朗報と言えるでしょう。

前回エアーマンが無制限に緩和されましたし

確実にHEROの時代がやってきていますね。

 

 

妨げられた壊獣の眠り(制限→準制限)

壊獣用の強力なサポートカードが準制限に緩和です。

一時期はこのカードを混ぜた壊獣が出張パーツとして猛威を振るっていましたが

今後また壊獣を混ぜたデッキの受容が増えてくるかもしれません。

オフリス・スコーピオもそうですが

全体的に出張パーツの規制が緩くなってきていますね。

 

 

竜呼相打つ(制限→準制限)

そっちかー、そっちが緩和されたかー

竜剣士及び竜魔王用の強力なサポートカードが準制限に緩和です。

元々竜剣士は新マスタールールとの相性があまりよくないテーマであり

そろそろラスターPが緩和されるかなーと予測していたのですが

ラスターPではなくこちらが緩和されましたね。

いずれにせよ強力なカードである事は間違いないので

2枚積めるようになったのは【竜剣士】にとって追い風でしょう。

 

 

神の通告(準制限→無制限)

神の警告、神の宣告に引き続き神の通告も無制限となりました。

これで神カウンターシリーズが全て無制限となりました。

昔からすると正直考えられない事態ですね。

相手の展開を強力に妨害出来るカウンター罠である事は間違いなく

これからはこのカードが3枚積みされるデッキも出てくる事でしょう。

汎用性の高いカードではありますが

エンジェル・パーミッションでの活躍も気になる所です。

 

 

ABC-ドラゴン・バスター(準制限→無制限)
ダーク・アームド・ドラゴン(準制限→無制限)
TG ハイパー・ライブラリアン(準制限→無制限)
デビル・フランケン(準制限→無制限)
氷結界の龍トリシューラ(準制限→無制限)
影霊衣の反魂術(準制限→無制限)
リミッター解除(準制限→無制限)

前回、前々回の改定で準制限に緩和されたカード達規制完全解除です。

環境で暴れてない事を考慮されまとめて無制限となったのでしょう。

特に【ABC】は純構築においては完全復帰と言えます。

また強力なシンクロであるライブラリアンとトリシューラの無制限は

シンクロデッキにどのような影響を及ぼすか気になる所です。

 

 

 

ワン・フォー・ワン(制限→準制限)

イヤッタァァァァァァァ!

レベル1用の強力なサポートカード、ワン・フォー・ワンが準制限に緩和です。

【リリカルルスキニア】をはじめとして

レベル1モンスターにキーカードのあるデッキ全般にとって朗報と言えるでしょう。

かくいう自分もレベル1メインのデッキを愛用しており

このカードが緩和されたらいいなとずっと思っておりました。

 

 

総評

特に【ドラゴンリンク】に大きな規制がかかる制限改定となりました。

その一方で【サンダードラゴン】や【閃刀姫】、【転生炎獣】といった

他の環境で活躍していたデッキには特にそれらしい規制がありません。

そんな中にいよいよ海外で暴れたテーマ【未界域】が日本で本格活動を始めます。

スカルデットなどが規制されたとはいえほぼ全力の力を発揮する未界域に

現在の環境がどう動くのかが非常に注目です。

遊戯王遊戯王OCG
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユリポエ=久瀬佐祐をフォローする
スポンサーリンク
遊戯王考察好きMUGEN次元

コメント

タイトルとURLをコピーしました