遊戯王カード考察:≪ワルキューレ・ヴリュンヒルデ≫他のワルキューレを守護るメイン盾

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

ワルキューレ・ヴリュンヒルデ/Valkyrie Brunhilde
効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻1800/守2000
①:このカードの攻撃力は、
相手フィールドのモンスターの数×500アップする。
②:このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。
③:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードの守備力を1000ダウンし、
このターン、自分の「ワルキューレ」モンスターは戦闘では破壊されない。

海外の新テーマ、【ワルキューレ】に属する

光属性天使族のレベル7モンスターです。

デュエルモンスターズにおいてジーク・ロイドが城之内克也及び海馬瀬人戦で使用し

城之内戦ではその効果で相手の攻撃から身を守りフィニッシャーとなりました。

アニメにおけるジーク・ロイドの切り札的存在と言えるモンスターであり

原作では攻撃力上昇がドラゴン族、戦士族に限定され、

また戦闘破壊耐性も1戦闘ごとに守備力が下がる仕様でしたが

TCG化に伴い全体的に強化されています。

 

青銅色の鎧に身を包んだ戦乙女です。

例によって露出度の高い恰好というかスカートどころかもはや前掛けです

エース的存在だけあってジークの趣味がこれでもかと出ておりますね。

 

ブリュンヒルデとは「輝く戦い」という意味を持つ

楽劇「ニーベルングの指環」に登場するワルキューレであり

英雄ジークフリードと愛し合いながらも悲しい愛憎劇を繰り広げました。

「ジーク」のエースとしてはまさにこれ以上な存在と言えるでしょう。

 

2ターンの間ワルキューレ達を戦闘破壊から守る

スポンサーリンク

 

①:このカードの攻撃力は、
相手フィールドのモンスターの数×500アップする。

①の効果は相手の場のモンスターの数×500だけ

自身の攻撃力を上昇させる自己強化効果です。

元々の攻撃力1800と最上級モンスターとしてはかなり控えめながらも

相手の場にモンスターが1体いれば2300打点、

2体いれば2800打点として運用が可能です。

おジャマトリオあたりと併用すれば更に高い打点を確保できるでしょう。

 

 

 

②:このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。

②の効果は相手の魔法カードの効果を受けない耐性です。

ワルキューレは大量展開を積極的に狙っていくテーマな事もあり

特にブラック・ホールやサンダーボルトで一網打尽にされないのは無視できません。

 

 

③:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードの守備力を1000ダウンし、
このターン、自分の「ワルキューレ」モンスターは戦闘では破壊されない。

③の効果は相手モンスターの攻撃宣言時に

自身の守備力を1000下げる事で

そのターンの間自分のワルキューレ全員に戦闘破壊耐性を付与するというものです。

このカードの守備力は2000あるので

都合2ターン、この効果を発動できる計算になります。

ワルキューレは全体的に攻撃力の低いカードが多いので

戦闘破壊を防げるのはそれだけ場持ちの良さに直結します。

 

なんだかんだあると結構違います

状況次第では高い攻撃力を発揮しますがどちらかと言えば防御よりのカードです。

他のワルキューレを守護る効果は大量展開と相性がよく

特にWalkuren Rittの戦闘ダメージを防ぐ効果と合わせれば

より盤石な姿勢で相手の攻撃に耐える事が可能となります。

罠やモンスター効果には無力だったりと穴があるカードではありますが

それを踏まえてもこのカードを場に立たせておけば

複数並べたワルキューレが一網打尽にされる状況は減らせるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました