遊戯王カード考察:≪未界域(みかいいき)のネッシー≫未界域用のサーチ要員、海外だと規制されてます

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

未界域のネッシー
効果モンスター
星7/闇属性/水族/攻1600/守2800
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のネッシー」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

 

海外の新テーマ、【未界域】に属する

闇属性水族のレベル7モンスターです。

巨大な首長竜が海から現れ探検隊の乗ったボートを転覆させています。

未界域のイラストの中でも特に探検隊が酷い目にあってますね。

ネッシーとはスコットランドのネス湖に生息すると言われるUMAで

プレシオサウルスの生き残りだと言われています。

西暦500年頃からその存在が囁かれており写真も撮られていましたが

この写真は後に捏造である事があきらかとなり

現在ではネッシーの存在は否定されています。

 

ちなみにネッシーは通称で

正式には「ロッホ・ネス・モンスター(ネス湖の壊獣)」と呼ばれます。

いずれにせよネス湖に生息しているからそう呼ばれるわけですが

未界域のモンスター達はいずれもユーマリア大陸と呼ばれる場所にいるようです。

おい、ネス湖にいろよ

 

 

未界域用の万能サーチ

スポンサーリンク

 

①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のネッシー」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。

①の効果は手札から見せる事で相手にこちらの手札をランダムに1枚捨てさせ

それが同名カード以外であれば自身を特殊召喚しつつ1ドローできます。

未界域のモンスターが共通で持つ効果であり大きな強みの1つです。

このカードの場合最上級モンスターなので

そういう意味でもこの効果で自己展開できる意味は大きいでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、手札から捨てられた場合に

デッキから同名カード以外の未界域と名の付くカードを手札に加えるサーチ効果です。

魔法罠もサーチできるのがポイントで

特に専用の天使の施しとも言える未界域の危険地帯をサーチできるのは大きいです。

 

 

 

積極的に手札から捨てて行こう

このカードもジャッカロープやツチノコ同様、海外では準制限に指定されています。

攻撃力が低い為あまりアタッカーとしては活躍できませんが

それ以上に②のサーチが便利であり場に出すよりは

積極的に手札から捨てる方が美味しいカードだと言えます。

このカードを捨てて未界域の危険地帯をサーチすれば

間接的に他の未界域も手札から捨てる効果を発動していけるので

優先的に手札コストにしていきたいカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました