遊戯王カード考察:≪未界域(みかいいき)のチュパカブラ≫未界域の高い展開力をさらに高くするやべー奴

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

カード説明

 

未界域のチュパカブラ/Danger! Chupacabra!
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のチュパカブラ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが手札から捨てられた場合、
「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の
「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

海外の新テーマ、【未界域】の新規となる

闇属性悪魔族のレベル4モンスターです。

 

舌の先が更に口のようになって無数の歯が並んだ緑色の怪物です。

舌が探索者の腕に絡みついて絶体絶命って感じですね。

チュパカブラとは南米に生息すると言われるUMAで

背中に棘状の突起が生え、赤い目をした二足歩行の生物で

ヤギや人間の血を吸うと恐れられています。

「ゴートサッカー」とも呼ばれ遊戯王では恐らく同じモチーフと思われるモンスターに

ヴァンパイア・サッカーが存在します。

 

 

出来るだけ強力な仲間を蘇生しよう

スポンサーリンク

 

①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のチュパカブラ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。

①の効果は手札から自身を見せる事で相手にこちらの手札をランダムに捨てさせ

それが未界域のチュパカブラ以外だったら自身を特殊召喚、

さらにデッキから1枚ドローするというものです。

未界域のモンスターが共通で持つ効果であり

ターン1制限がない事から上手くハマればいくらでも展開が可能です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札から捨てられた場合、
「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の
「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、手札から捨てられた場合に

同名カード以外の未界域モンスター1体を墓地から特殊召喚する蘇生効果です。

デッキから特殊召喚するジャッカロープと違い、

こちらは墓地からの蘇生となるので発動には墓地に他の未界域が必要となりますが

そもそも未界域は手札から捨てまくるのが基本なので

未界域を中心にしたデッキであれば条件は容易に満たせるでしょう。

それに加えてジャッカロープと違い攻撃表示での特殊召喚も可能なので

ビッグフットあたりを蘇生できれば強力なアタッカーになってくれます。

 

総じてジャッカロープと合わせて

【未界域】の高い展開力を更に強化してくれる存在です。

前述の通りビッグフットやサンダーバードなど

未界域の中でも特にアタッカーとなる存在を場に出したい場合には

このカードが重宝するでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました