遊戯王カード考察:≪時の女神の悪戯≫原作のチートカードの一角、思ったより弱体化されてません

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

カード説明

 

時の女神の悪戯
速攻魔法
このカードはチェーン発動できず、
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
①:自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、
自分バトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを墓地へ送る。
次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。
そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。

【ワルキューレ】用の速攻魔法です。

デュエルモンスターズにおいてジーク・ロイドが海馬瀬戸戦で使用し

その効果によってバトルフェイズを連続で行わせつつ

Walkuren Rittのデメリットを回避しました。

原作においては「1ターンスキップし、次のターンのバトルフェイズになる」

という簡潔かつ凶悪な効果でしたがTCG化に伴い制約がいくつか追加されました。

断言しますが原作のままの性能であれば禁止カード直行です。

 

 

時の女神スクルドがテヘペロって感じでウインクしています。

彼女の悪戯によって時が吹っ飛んだという事でしょう。

 

ちなみにアニメではいかにも昔のアニメって感じの絵柄をしていました。

こうしてみるとTCG版のこのカードはかなり現代向けにアレンジされていますね。

特に目の大きさなどは顕著ですね。

でも自分はアニメ版の絵柄の方が好みだったりします。

 

 

次のバトルフェイズまで時を吹っ飛ばす!

スポンサーリンク

 

このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
①:自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、
自分バトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを墓地へ送る。
次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。

その効果は自分の場にワルキューレしかモンスターがいない場合に

バトルフェイズ終了時に発動し、その後のフェイズと相手ターンを丸々スキップし

次の自分バトルフェイズ開始時に移行するというものです。

これだけ聞いてもピンとこない方も結構いるかと思いますが

主に発生する恩恵として

・モンスターが2回攻撃できる

・1ターンに1度しか発動できない効果がもう1度発動できる

・セットした罠カードをメインフェイズ2に発動できる

・召喚権が1回増える

・エンドフェイズに発生するデメリットを踏み倒せる

等が挙げられます。

 

ワルキューレにとって特に大きいのがエンドフェイズに発生するデメリットを踏み倒せる点で

これによりWalkuren Rittで特殊召喚したワルキューレ達を

エンドフェイズにデッキに戻す必要がなくなります。

Walkuren Ritt自体にこのカードをサーチする効果があるので

このカードとの併用を前提としている効果だと言えるでしょう。

Walkuren Ritt以外にも無の煉獄や命削りの宝札などもデメリットを踏み倒せます。

 

その他の恩恵も非常に重宝します。

Walkuren Rittで大量展開した後にそれらが全て2回攻撃できれば

そのまま1ターンキルに持ち込める可能性がぐっと増えますし

ワルキューレ・ドリットを2回召喚して2回サーチ効果を発動する事も可能です。

 

 

このカードはチェーン発動できず、

制約として場にワルキューレモンスターが必要な事の他に、

まずチェーン発動が不可能です。

まあ何分ターンをスキップするという色々複雑な処理をするカードですから

チェーン可能だったら大分ややこしい事になってましたね。

逆にこのカードの発動に対して相手がチェーンする事も不可能です。

特にカウンター罠などで妨害されない点は大きいでしょう。

 

 

そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。

そしてスキップしたターン、再度時の女神の悪戯を発動する事が出来ません。

まあもしこれが可能だったら2枚目、3枚目と時の女神の悪戯を発動して

ずっと俺のターンが出来てしまいますからしょうがない制約と言えるでしょう。

 

 

弱体化されても十分すぎるほどに強力

アニメ効果と比較した場合

・ワルキューレが場にいないと出せずワルキューレ以外が場にいると出せない

・チェーン発動できない

・連続で発動できない

・バトルフェイズ終了時にしか発動できない

といった制約が発動されています。

これにより【ワルキューレ】以外のデッキで悪用する事が出来ませんし

先行1ターン目で攻撃を仕掛けるなんて外道な真似もできなくなっています。

元が凶悪すぎたので概ね「まあしょうがない」と思える制約ではないでしょうか。

しかしこれらの制約を踏まえてもターンスキップ出来る恩恵は非常に大きく

【ワルキューレ】デッキにおけるキーカードの1つなのは確かです。

Walkuren Rittでサーチできたり、

ワルキューレ・アルテストで墓地から回収できたりするので

積極的に主軸にしていく事が可能です。

 

細かいテクニックとしては増殖するGなどを相手が使ってきた時に

このカードを使ってメインフェイズ2に展開するようにすれば

相手は増殖するGによるドロー効果を受けられなくなります。

他にも1ターンしか効果がないロックをすり抜ける場合にも重宝します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました