遊戯王カード考察:≪未界域(みかいいき)のジャッカロープ≫こいつのせいで海外では幻影騎士団の一部が・・・

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

カード説明

 

未界域のジャッカロープ/Danger!? Jackalope?
効果モンスター
星3/闇属性/獣族/攻 500/守2000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の
「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

海外の新テーマ、未界域に属する闇属性獣族のレベル3モンスターです。

黄緑の体毛を持つ角の生えた兎といった感じの生物です。

後ろからは捜索隊が追いかけてきておりそこから逃げています。

ちなみに英語名では他の「Danger!」と違い「Danger!?」と疑問形になっています。

まあ見るからに危険には見えませんからね。

 

ジャッカロープとはアメリカのワイオミング州に生息すると言われるUMAで

頭部に鹿の角が生えたウサギのような姿をしており

人の声真似得意でウイスキーが鉱物でその乳は万能薬になると言われていました。

実際に撮影されその死骸も発見されましたが調べた結果、

ウサギがウイルスによって角型のイボが生えた姿というのが真実だったようです。

 

外れれば特殊召喚してドロー、外れても特殊召喚

スポンサーリンク

 

①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。

①の効果は手札にこのカードを相手に見せる事で相手にランダムでこちらの手札を捨てさせ、

それがジャッカロープ以外のカードであれば手札から自身を特殊召喚し、

さらに1枚ドローするというものです。

未界域のモンスターが共通で持つ効果であり恐ろしい事にターン1制限がありません。

運が絡みますが状況次第ではいくらでもドローと展開を続ける事も起こり得ます。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の
「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、手札から捨てられた場合に

同名カード以外の未界域をデッキから守備表示で特殊召喚出来るリクルート効果です。

この効果により①の効果でジャッカロープを捨てられても他のカードを特殊召喚でき、

ジャッカロープ以外が捨てられれば自身を特殊召喚出来ると

どちらに転んでも何かしらの未界域を場に出す事が可能となっています。

他の未界域のカードでこのカードが捨てられれば一気に2体特殊召喚です。

守備表示で特殊召喚するのでオゴポゴあたりを出して壁にするか、

もしくはリンク素材辺りに利用してしまうのがいいでしょう。

 

 

幻影騎士団とも相性がいい

【未界域】の中でも展開の要として活躍するカードであり

海外では既に準制限に規制されているカードだったりします。

また同じくレベル3の未界域のツチノコと合わせて、

ランク3エクシーズを軸とするデッキに出張させることも考えられます。

特に同じく闇属性での幻影騎士団とは何かと相性がよく

海外では実際に【幻影騎士団danger!】なるデッキも活躍していました。

そして活躍しすぎてラスティバルディッシュや幻影騎士団ラウンチが禁止になりました

 

またレベル3の獣族なのでレスキューキャットに対応しているのもポイントです。

獣族デッキに採用してみるのも面白いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました