遊戯王カード考察:≪一点着地≫手札からの特殊召喚を多用するデッキって何があったかな?

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

一点着地/Pinpoint Landing
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手の手札から自分フィールドに、
モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
②:自分ターンにこのカードの①の効果でドローしていない場合、
そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

汎用の永続魔法です。

 

男が小さな島へとパラシュートでの着陸を試みようとしています。

島の周囲にはナッシュが泳いでおり着地に失敗すれば餌となるのは避けられないでしょう。

・・・こんな小さな島だと無事着陸できても普通に襲い掛かってきそうですが。

 

 

 

手札からの特殊召喚を多用するデッキに

スポンサーリンク

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手の手札から自分フィールドに、
モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

①の効果は1ターンに1度、自分か相手がこちらのフィールドに

モンスター1体のみを手札から特殊召喚した場合にデッキから1枚ドローできるドロー促進効果です。

サイバー・ドラゴンやダイナレスラー・パンクラトプスなどに代表されるように

手札から特殊召喚出来るカードは数多く存在しており

それらの自己展開できるカードを多く採用していれば容易に条件は満たせます。

あくまで1体のみ特殊召喚される事が条件なので

ペンデュラム召喚で2体同時に特殊召喚される場合には発動しない点には注意です。

ただ1体のみペンデュラム召喚する場合には有効です。

 

 

②:自分ターンにこのカードの①の効果でドローしていない場合、
そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

②の効果は自分ターンに①の効果でドローしていない場合、

エンドフェイズに墓地へ送られてしまう自壊デメリットです。

自壊を防ぐためには継続的に手札からの特殊召喚を狙う事が求められます。

 

 

相手ターンで特殊召喚するのも美味しい

手札からの特殊召喚を多用するデッキであれば自壊デメリットもさほど気にならず

継続的にドローを行えるドローソースとして大いに重宝するでしょう。

永続魔法故に相手に除去される可能性こそ高いですが

1枚ドローできて1枚除去カードを使わせれば

アドバンテージの観点では上出来と言えるでしょう。

 

肝心の「手札からの特殊召喚を多用するデッキ」ですが

まず同じくエクストラパック2019で上陸する【未界域】なんかがそうです。

テーマの共通効果として手札からの特殊召喚が可能なので

ほぼ毎ターン手札からの特殊召喚が狙えるでしょう。

他にも【ジャックナイツ】、【占い魔女】、【空牙団】、【サブテラー】、【ウルトラアスリート】、

【天威】、【ドラゴンメイド】、【無限起動】、【レベル9真竜】なども

多くのモンスターが手札から特殊召喚する効果を持っており

このカードを活用しやすいテーマだと言えるでしょう。

またレベル3、4のモンスターには手札から特殊召喚出来るカードが数多く存在し

これらのカードを積極的に活用するエクシーズデッキにも相性がいいです。

 

あと儀式召喚を軸とするデッキが該当します。

特に【影霊衣】のように多数の儀式モンスターを活用するデッキであれば

毎ターンの儀式召喚も積極的に狙えるでしょう。

 

自分ターンのみに特殊召喚を狙うだけでも十分に有用なカードですが

相手ターンに手札から特殊召喚する事が出来ればさらにドローが狙えます。

主にバトルフェーダーや工作列車シグナル・レッドなどの

防御系のカードが該当するのでこれらを採用しているデッキであれば

相手ターンの特殊召喚も積極的に狙っていくといいでしょう。

ご丁寧に「相手がこちらの場に特殊召喚した場合」にもドローできるので

壊獣などを使われた場合にもドローが可能です。

コメント

  1. 匿名 より:

    彼岸はSS効果使えなくなるので相性悪くないですか?

タイトルとURLをコピーしました