遊戯王カード考察:≪斬機帰納法(ザンキキノウホウ)≫サイバース族全般で活用できる打点強化

スポンサーリンク

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

斬機帰納法
永続罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力は500アップする。
②:自分フィールドに「斬機」モンスターが存在する場合、
魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

斬機用のサポートとなる永続罠です。

 

炎斬機ファイナルシグマが剣を振り、そこから光波が飛んでいます。

剣からビームを飛ばすのはまさに必殺技って感じですね。

個人的にはこの手の剣からビームを出すのは

アーマードコアシリーズのブレード光波が一番印象深いです。

 

カード名のモチーフは恐らく「数学的帰納法」と思われます。

ある法則が全ての自然数において成り立つかどうかを証明する為の手法であり

同じ法則を「1の時に成り立つ」のと「任意の数字+1の時になりたつ」のとを

同時に証明するというものです。

すいません正直自分も詳しく説明する事はできません。

 

 

全体強化かフリーチェーン除去か

スポンサーリンク

 

①:自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力は500アップする。

①の効果は自分のサイバース族全ての攻撃力を500上げる種族強化です。

全体強化としては500という数値はかなり高めであり

炎斬機マグマの攻撃力が3000に到達するので

戦闘破壊をトリガーとする効果の発動がかなり狙いやすくなるでしょう。

フリーチェーンで発動が出来るのでコンバットトリックも狙えます。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドに「斬機」モンスターが存在する場合、
魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、自分の場に斬機モンスターがいる場合に

表側表示で発動しているこのカードを墓地へ送る事で

相手のカード1枚を破壊出来るというものです。

予め斬機を用意しておく必要があり、①の全体強化を捨てる必要があるものの

フリーチェーンの除去として相手の妨害に活躍してくれます。

相手の不意をつく目的であれば①の効果による強化を最初から捨て

発動の直前まで伏せておくというのも1つの選択肢です。

 

他のサイバース族デッキにも

実質的に2つある効果のうちどちらか片方を切り捨てる事にこそなるものの

どちらの効果も使いやすく優秀な効果であり

状況に応じて使い分けられるというのは優秀です。

 

また①の効果の方は【斬機】のみならず

サイバース族メインのデッキ全般に効果があります。

元々【斬機】というテーマがエースモンスターの1点強化を軸とする事を踏まえると

むしろ他のサイバース族デッキの方が有効に活用できるとさえ言えます。

特に【コード・トーカー】あたりは大量展開もしやすく

連続攻撃とドローの出来るシューティングコード・トーカーもいるのでオススメです。

その場合でも斬機シグマやアディオンあたりをデッキに出張させておけば

②の効果も活かす事が出来るでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました