遊戯王カード考察:≪王の舞台(ジェネレイド・ステージ)≫ぶっちゃけ必須カードです、これがないと始まりません

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

王の舞台
フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:相手ターンに、
自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。
このトークンはエンドフェイズに破壊される。

ジェネレイド用のフィールド魔法です。

9つの球体が連なったような紋章です。

 

ニードヘッグのイラストが一番分かりやすいですが

各種王の背後にはこの紋章が存在しておりその1つが光っています。

恐らくは球体1つ1つが7体の王を現しているのでしょう。

 

 

王と臣下となるリリース要員を同時に確保!

スポンサーリンク

 

①:1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に

自分はデッキからジェネレイドと名の付くモンスターを

守備表示で特殊召喚するリクルート効果です。

このデッキからカードを手札に加えた場合というのは通常ドローも含まれ

相手ターンであれば相手が何かしらの手段でドローをスキップしていない限りは

特殊召喚を狙う事が可能です。

 

自分ターンに特殊召喚を狙う場合は永の王オルムガンドや

剣の王フローディなどで意図的に相手にドローをさせるといいでしょう。

王の襲来でこのカードを発動した場合にも特殊召喚が可能です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:相手ターンに、
自分が「ジェネレイド」モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ジェネレイドトークン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を
可能な限り攻撃表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

相手ターンにジェネレイドを特殊召喚した場合に

ジェネレイドトークンを並べられるだけ特殊召喚するというものです。

①の効果でジェネレイドを特殊召喚すれば

自然とこちらの効果に繋げられます。

多くのジェネレイドがジェネレイドをリリースし発動する効果を持っており

このトークンはそのリリース要員として最適です。

 

 

このトークンはエンドフェイズに破壊される。

ただしこれらのトークンはエンドフェイズになると破壊されます。

基本的に相手ターンにしか存続できません。

幸いジェネレイドの効果はフリーチェーンで発動できるものばかりなので

これらの効果のリリース要員として割り切った使い方をする事になるでしょう。

 

星遺物からの目醒めホップ・イヤー飛行隊など

相手ターンにリンク召喚やシンクロ召喚を行えるカードがあれば

それらの素材にする事も可能です。

 

 

全力で確保しよう

ぶっちゃけ必須カードです

【ジェネレイド】にとって各種ジェネレイドを特殊召喚する手段、

そして各種ジェネレイドの効果発動の為のリリース要員を確保する手段として

両方の意味でのキーカードとなってくる存在です。

種族デッキに一部のジェネレイドを出張させるのであればなくてもなんとかなりますが

少なくとも【ジェネレイド】としてデッキを組むのであれば

何はなくともこのカードがなければ始まらないでしょう。

【トゥーン】におけるトゥーン・キングダムや

【巨大戦艦】における巨大要塞ゼロスのように

極めて依存度の高いフィールド魔法になってくるので

いかにしてこのカードを維持できるかがテーマとしてのキーの1つとなるでしょう。

 

幸いにも王の試練や王の襲来でデッキや墓地から引っ張ってくる事が出来るので

これにテラ・フォーミングや惑星探査車なども混ぜれば

このカードが用意できないといったケースは大幅に減らせるでしょう。

王の襲来で発動した場合相手にドローを許してしまいますが

そうもいってられないぐらいにこのカードを確保する方が大事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました