遊戯王カード考察:≪斬機(ザンキ)ディヴィジョン≫各種素材にするだけで半減効果発動

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

斬機ディヴィジョン
効果モンスター
星4/地属性/サイバース族/攻1500/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXモンスターゾーンの自分の
サイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
手札及び自分の墓地からそれぞれ1体まで、
サイバース族・レベル4モンスターを選んで特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。

ミスティック・ファイターズの新テーマ【斬機】に属する

地属性サイバース族のレベル4です。

 

金を基調とする薙刀を構えた人型のロボットです。

髪のようなパーツが後ろに長く伸びているのが特徴的です。

ディヴィジョンとは四則演算の「/(÷)」、つまり割り算の事を現します。

恐らくは「/」の記号を薙刀で表現しているのでしょう。

 

 

3体並べつつ素材になれば相手を弱体化

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXモンスターゾーンの自分の
サイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
手札及び自分の墓地からそれぞれ1体まで、
サイバース族・レベル4モンスターを選んで特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

エクストラモンスターゾーンからサイバース族をリリースする事で

手札と墓地のどちらか、あるいは両方から1体ずつ

レベル4サイバース族を特殊召喚するというものです。

リリース要員が必要ですがフィールドに3体のレベル4を揃える事が可能であり

塊斬機ラプラシアンなどのレベル4×3のエクシーズ召喚や

炎斬機ファイナルシグマなどのシンクロ召喚が狙えます。

リリース要員にするEXモンスターゾーンのサイバース族は

転生炎獣ベイルリンクスのようなLINK-1のサイバース族リンクや

エクシーズ素材を使い切った塊斬機ラプラシアンなどが無駄がないでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。

②の効果は1ターンに1度、墓地へ送られた場合に

場のモンスター1体の攻撃力をそのターンの間半分にするというものです。

まさに相手の攻撃力を2分の1に割ってしまう効果です。

墓地へ送られる方法は何でもよくシンクロ素材やエクシーズ素材として墓地へ送られたり

デッキから直接墓地へ送るなどしても発動が可能です。

 

 

斬機の中でも特に出張させやすい

【斬機】では特にエクシーズ素材を使い終わったラプラシアンをどかす手段として重宝します。

展開力に優れた斬機であればラプラシアンのエクシーズ召喚を狙いつつ

さらにこのカードを展開、ラプラシアンで相手の手札や場を蹂躙しつつ

そこからさらにこのカードでリリースしてファイナルシグマに繋げるといった芸当も可能です。

 

 

またアディオンやサブトラと同じように

各種素材にしつつ戦闘補助を行える存在として重宝します。

攻撃力を半分にするというのは戦闘補助の中でも特に強力で

マグマやファイナルシグマによる攻撃をより効果的に行えます。

同時に攻撃力が1500とメインデッキの斬機の中では最も高く

斬機刀ナユタで墓地に送る事で自分のモンスターの攻撃力を1500上げつつ

相手の攻撃力を半減させるという強力な戦闘補助が可能です。

 

 

各種素材にしやすく戦闘補助になれるという点では

アディオンやサブトラ、マルチプレイヤーなどと一緒ですが

このカードはアディオンやサブトラのように特殊召喚に制約もなければ

マルチプライヤーのように戦闘補助がサイバース族限定という事もありません。

単純に何かしらの手段で墓地へ送られれば攻撃力半減が可能であり

②の効果だけを目当てにするのであれば

他の斬機カードよりもはるかに様々なデッキに採用しやすいでしょう。

展開要員を他に揃える事ができるのであれば

様々なランク4デッキに採用出来るでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました