遊戯王カード考察:≪ドラゴンメイド・エルデ≫展開の要の1つです

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

カード説明

ドラゴンメイド・エルデ
効果モンスター
星7/地属性/ドラゴン族/攻2600/守1600
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
手札からレベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、
このカードは効果では破壊されない。
③:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、
手札からレベル2の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。

 

ミスティック・ファイターズの新テーマ【ドラゴンメイド】に属する

地属性ドラゴン族のレベル7です。

恐らくはドラゴンメイド・ナサリーのドラゴン形態だと思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

ナサリウーと同じくピンクと白を基調としたドラゴンです。

他のドラゴンメイドの竜形態と比べても柔らかそうな印象ですね。

エルデとはドイツ語で「地球」を意味します。

 

ドラゴンメイド達の展開をサポート!

スポンサーリンク

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
手札からレベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、手札から捨てる事で

レベル4以下のドラゴンメイド1体を特殊召喚出来るというものです。

そのままだとディスアドバンテージに繋がってしまう効果ですが

【ドラゴンメイド】では墓地のこのカードを手札に戻せる機会が多く

割と積極的に使っていく事が可能です。

 

②:自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、
このカードは効果では破壊されない。

②の効果は融合モンスターが存在していれば効果破壊耐性が付与されるというものです。

レベル7、8のドラゴンメイドが共通で持つ限定的な耐性であり

家政婦長のハスキーがいる事でより高いスペックを発揮できるのでしょう。

2600打点に効果破壊耐性が付与されるのは中々に優秀ですが

基本的にレベル7,8のドラゴンメイドは

バトルフェイズ以外は手札にいる事の方が多いので

レベル2、3のドラゴンメイドの方が狙われないように注意が必要です。

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、
手札からレベル2の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、融合モンスターそれぞれ融合モンスターがいる間に

自身を手札に戻す事で手札からレベル2のドラゴンメイドを特殊召喚可能です。

これもまたレベル7,8のドラゴンメイドが共通で持つ効果であり

このカードの場合ナサリーとラドリーを特殊召喚可能です。

【ドラゴンメイド】における代名詞的な効果であり

バトルフェイズ開始時にナサリーかラドリーが墓地にあるこのカードと入れ替わり

そしてバトルフェイズ終了時にまた入れ替わって手札に戻るというのが

ドラゴンメイドにおける基本的な動きとなります。

この一連の動きをする事で墓地から手札に戻るのでまた①の効果を発動可能です。

 

不足しがちな召喚権のフォローに

【ドラゴンメイド】はドラゴンメイドのお召し替えやドラゴンメイド・リラクゼーションなど

何かにつけてドラゴンメイドをセルフバウンスする事が多く、

手札にドラゴンメイドが揃ってるけど召喚権がないという事態が悠々にして起こります。

そんな中でこのカードはドラゴンメイドの展開を助ける大きな働きとなってくれるでしょう。

変身前のナサリーが十分に墓地が肥えた後に真価を発揮するカードならば

こちらはまだ墓地の越えていない序盤に真価を発揮できるカードであり

このカードで一気に2体のドラゴンメイドを場に用意できれば理想的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました