遊戯王カード考察:≪崔嵬(さいかい)の地霊使いアウス≫地属性はよく見るのでかなり使いやすい

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

崔嵬の地霊使いアウス
リンク・効果モンスター
地属性/魔法使い族/攻1850/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。

地霊使いウィンのリメイクとなる地属性魔法使い族のLINK-2です。

霊使いのリンクとしては灼熱の火霊使いヒータ

蒼翠の風霊使いウィンに続く3体目です。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

大人しそうなイメージだったアウスがかなり凛々しい顔つきになってます。

あと杖で隠れていますがまたさらに立派になっていますね

崔嵬(さいかい)とは山で石や岩でごつごつして険しい様を現す言葉です。

 

 

 

先に出てた2つの地属性版です

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスターを含むモンスター2体

リンク素材にはどちらか片方に地属性を指定しています。

同じく地属性用のリンクとなるミセス・レディエントに比べて

片方は地属性でなくともいい分条件が少し緩めです。

例えば切れぎみ隊長やクレーンクレーンで何かしらのモンスターを蘇生すれば

それでリンク召喚の条件が整います。

 

リンクマーカーは斜め下に2つとEXモンスターゾーン向けの配置です。

効果を考えてもEXモンスターゾーンで出したい所です。

 

 

 

このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。

まず効果外テキストとして憑依装着と名の付くカードとして扱います。

これにより「憑依装着」と「霊使い」の両方に該当し

憑依解放の恩恵を最大限に受ける事が可能です。

自分が攻撃する時には2650打点となるので

充分にアタッカーとしても運用できるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、相手の墓地の地属性モンスター1体を

このカードのリンク先に特殊召喚する蘇生効果です。

地属性はカードの種類が多い属性であり

ヒータやウィンと比べても発動できる機会は多いでしょう。

よく見るカードとしては特にダイナレスラー・パンクラトプスや

増殖するGあたりが狙い目です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:リンク召喚したこのカードが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、リンク召喚している状態で

戦闘破壊か相手の効果による効果破壊された場合に

守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加えるサーチ効果です。

【霊使い】であれば霊使いや憑依装着のアウスがサーチ可能です。

他汎用性の高いカードとして増殖するGやダイナレスラー・パンクラトプス、

あとマスマティシャンやレスキューラビットあたりもサーチ可能です。

 

 

霊使いリンクも折り返し地点

というわけで先に出ていた霊使いリンクと属性以外は同じ効果となっています。

むしろ違う効果だったら不安だった所ですね。

前述の通り地属性モンスターはその種類が豊富であり

ヒータやウィンよりもずっと①の効果を発動機会に恵まれるでしょう。

また地属性をメインに使っていないデッキであっても

パンクラトプスあたりを採用していればリンク召喚出来る機会もあります。

EXデッキの枠に余裕があるのであれば

このカードを混ぜて置けばいざという時に役に立ってくれるでしょう。

 

 

これで霊使いリンクとしては3体目となります。

6属性のうち半分に対応できるようになってきたので

そろそろ【霊使い】デッキにも組み込めるようなってきた感じでしょうか。

それでもやはり6属性全て揃ってからが本番とも言えるので

残り3体の霊使いリンクも出てきてほしい所ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました