遊戯王カード考察:≪神聖騎士王(しんせいきしおう)コルネウス≫ 複数バウンスしつつ後続に繋げる!

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

神聖騎士王コルネウス/Sacred Noble Knight of King Custennin
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻1500/守2500
レベル4「聖騎士」モンスター×2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、
その数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
「神聖騎士王コルネウス」以外の
「聖騎士」XモンスターをX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、
墓地のこのカードを下に重ねてX素材とする。

 

聖騎士の新規となる光属性戦士族のランク4エクシーズです。

聖騎士コルネウス(Noble Knight Custennin)の進化形と言えるでしょう。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

鎧がマントのついた立派なものとなり

凛々しい顔つきで剣を鞘から抜いています。

剣や鎧が光り輝いておりこれらの装備が特別なものである事を伺えます。

コルネウスとはアーサー王付きの執事であるルーカンの父親の名前ですが

英語名では「Sacred Noble Knight of King Custennin」となっており

コルネウスではなくコンスタンティンという名称になっています。

こちらはアーサー王の後継者でありブリテンを統べる王の名前であり

モチーフ的にはこちらが正解だと思われます。

 

 

素材の数だけ相手カードをバウンス

スポンサーリンク

 

レベル4「聖騎士」モンスター×2体以上

エクシーズ素材にはレベル4の聖騎士2体以上を指定しています。

2体を素材に出すのであれば聖騎士王アルトリウスと同じ条件でエクシーズ召喚でき

レスキューラビットで聖騎士アルトリウス2体を特殊召喚するなどで素材を揃えられます。

3体以上を素材にしてのエクシーズ召喚を狙う場合、

自己展開効果を持つ聖騎士ガウェインや各種蘇生カードなどを上手く利用しましょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、
その数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

①の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを任意の数取り除き、

取り除いた数だけ相手のカードを手札に戻すバウンス効果です。

【聖騎士】においては貴重な破壊以外の除去であり

特にエクストラデッキのモンスターや破壊耐性持ちのモンスター相手に効果的です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
「神聖騎士王コルネウス」以外の
「聖騎士」XモンスターをX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、
墓地のこのカードを下に重ねてX素材とする。

②の効果は1ターンに1度、戦闘破壊か効果破壊された場合に

同名カード以外の聖騎士エクシーズをこのカードをオーバーレイユニットにして

エクシーズ召喚扱いでエクストラデッキから特殊召喚するというものです。

後続の聖騎士エクシーズに繋げられる効果であり

①の効果でオーバーレイユニットを使い切った後にこちらの効果に繋げると無駄がありません。

状況次第ですがEXモンスターゾーンを空ける目的も兼ねて

自爆特攻も視野にいれていいでしょう。

モンスターを除去したい場合は神聖騎士王アルトリウスに、

魔法罠を除去したい場合には聖騎士王アルトリウスに繋げるといいでしょう。

 

 

素材は3体ぐらいで十分だと思う

どちらの効果もアドバンテージに繋げやすく優秀なエクシーズです。

特に神聖騎士王アルトリウスはこのカードの登場でかなり出しやすくなったと言えます。

 

このカードのエクシーズ召喚時に多くのモンスターを素材にしていれば

それだけ①の効果でバウンスできる数も増えますが

4体以上のモンスターが並ぶことは早々ない為、

基本的には2体か3体を素材にエクシーズ召喚すれば十分でしょう。

 

攻撃力より守備力の方が高いので守備表示で出した方が場に維持しやすいですが

このカードの場合むしろ積極的に自爆特攻して後続に繋げた方がいいまであるので

攻撃表示で出す機会も多いでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました