遊戯王カード考察:≪氷の王(ジェネレイド) ニードヘッグ≫毎ターン場に出せば相手は悲鳴あげるんじゃないかな

スポンサーリンク

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

氷の王 ニードヘッグ
効果モンスター
星9/水属性/幻竜族/攻2100/守2600
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:相手がモンスターを特殊召喚する際に、
自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは
幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

ミスティック・ファイターズの新テーマ【ジェネレイド】に属する

水属性幻竜族のレベル9モンスターです。

 

氷の世界の中で佇むワイバーン型のドラゴンです。

胴体にあるまるで心臓のような赤いパーツが特徴的です。

ニードヘッグ(ニーズヘッグ)とは「怒りて臥す者」という意味を持つ

北欧神話に登場するドラゴンであり

世界の終わりの日に死者の魂を背に乗せて飛び去ると言われています。

 

 

特殊召喚なんてさせません

スポンサーリンク

 

①:「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

①の効果は1体しか自分の場に存在できないジェネレイド共通の制約です。

王とは孤高なものなのです。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:相手がモンスターを特殊召喚する際に、
自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは
幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、

相手がモンスターを特殊召喚しようとした場合に

自分の場のジェネレイドと名の付くモンスターか幻竜族1体をリリースする事で

その特殊召喚を無効、破壊するというものです。

リリース要員こそ必要なものの相手の展開を大きく妨害出来る効果であり

このカードを出すだけで相手としては相当に動きづらくなります。

リリース要員は相手ターンでは王の舞台で出したトークンを、

自分ターンでは効果を使い終わった光の王マルデルあたりがいいでしょう。

いざという時には自分自身をリリースする事も可能です。

 

ただし注意点としてチェーンに乗る特殊召喚、

例えば死者蘇生や融合などによる特殊召喚は防げないので気を付けましょう。

 

 

真竜に混ぜてみる?

【ジェネレイド】の中でもシンプルで強力な制圧力を誇るカードであり

王の舞台を発動した後まず最初に出しておきたいカードと言えるでしょう。

王の舞台さえあれば毎ターン特殊召喚する事も難しくないので

出来るだけこのカードを場に維持するようにしておけば

相手としては非常にやりづらくなるでしょう。

このカードを割と簡単に出せる事が

【ジェネレイド】の強みの1つと言っていいレベルです。

1ターンに1度しか特殊召喚を無効に出来ないので

さらに制圧力を高めるのであれば

剣の王 フローディと一緒に並べるといいでしょう。

 

 

このカードの制圧力は幻竜族デッキにおいてもとっても有用です。

天威の龍仙女などで蘇生が出来るので

場に出すのもそこまで難しくはないでしょう。

特に各種真竜王とはレベルも共通しているので

レベル9軸の【真竜】に組み込むのも面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました