遊戯王カード考察:≪斬機(ざんき)ナブラ≫マルチプライヤーと合わせて殺意全開のファイナルシグマを

スポンサーリンク

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

斬機ナブラ
チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1000/守1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「斬機」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、
そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

ミスティック・ファイターズの新テーマ、【斬機】に属する

闇属性サイバース族のレベル4チューナーです。

 

黒と金を基調とする槍を携えた人型ロボットです。

ナブラ(∇)の名を冠するだけあり全体的に三角のパーツが強調されています。

ナブラとは数学や化学において使われる微分演算子の記号です。

世の中にはこれを利用するナブラ演算子ゲームなんてのもあるみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「斬機」モンスター1体を特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、場のサイバース族をリリースする事で

デッキから斬機1体を特殊召喚するリクルート効果です。

リリース要員となるサイバース族ですが

自己展開能力のあるアディオンやサブトラをリリースしてもいいですし

ワンタイムパスコードなどでトークンを生成するのもいいでしょう。

黄泉ガエルなどのレベル1モンスターをリンクリボーに変換してしまう手もあります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、
そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

②の効果は1ターンに1度、墓地へ送られた場合に

EXモンスターゾーンのサイバース族に

そのターンの間2回攻撃を付与するというものです。

墓地に送られる方法は何でもよくリンク素材、シンクロ素材、エクシーズ素材、

はたまたデッキから直接墓地に落してもOKです。

特に戦闘ダメージを倍に出来る炎斬機ファイナルシグマに発動できれば

相手に多大な戦闘ダメージを与える事が出来るでしょう。

その他だとファイアウォール・X・ドラゴンあたりも

状況次第で高い攻撃力を確保できるので2回攻撃の恩恵が大きいです。

 

 

ファイナルシグマのシンクロ素材として

特にファイナルシグマのシンクロ素材として優秀で

①の効果でマルチプライヤーをリンク召喚する事でこのカードをレベル8にして

2体でファイナルシグマのシンクロ召喚を狙う事が可能です。

この2体をシンクロ素材にしたファイナルシグマは

攻撃力6000の2回攻撃、しかも戦闘ダメージが倍になるという殺意の塊に変貌します。

このファイナルシグマを作り出して思いっきりぶん殴る事が

【斬機】における勝ち筋の1つとなってくるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました