遊戯王カード考察:≪剣の王(ジェネレイド) フローディ≫ドローさせてあげるけどフリーチェーンで破壊するね

スポンサーリンク

今回紹介するのはデッキビルドパック ミスティック・ファイターズよりこのカードです。

 

 

カード説明

 

剣の王 フローディ
効果モンスター
星9/風属性/戦士族/攻2500/守2000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「剣の王 フローディ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの、「ジェネレイド」モンスターまたは
戦士族モンスターを任意の数だけリリースし、
その数だけフィールドのモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。その後、
破壊された相手フィールドのモンスターの数だけ相手はデッキからドローできる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

ミスティック・ファイターズの新テーマ【ジェネレイド】に属する

風属性戦士族のレベル9です。

白と金を基調とし光り輝く剣を携えた翼の生えた剣士です。

色合い的にどことなく希望皇ホープを思わせます。

カード名の由来は恐らくは北欧神話に登場する

ファフニールやその父フレイドマルが持っていたとされる剣、

「フロッティ」からだと思われます。

ファフニールはこの剣と一緒にエーギルの兜や黄金の鎧も所持していたという話であり

このモンスターの姿はそこから来ていると思われます。

 

褒美はやろう、だが破壊する

スポンサーリンク

 

①:「剣の王 フローディ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

①の効果は場に1体しか存在できないジェネレイドが共通で持つ制約です。

王とはただ1人、頂点に君臨するものなのです。

 

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの、「ジェネレイド」モンスターまたは
戦士族モンスターを任意の数だけリリースし、
その数だけフィールドのモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、任意の数のジェネレイドか戦士族をリリースして

リリースした数だけ場のモンスターを破壊するというものです。

フリーチェーンで除去が行えるのがポイントで

相手の展開に合わせて発動する事で大きな妨害になるでしょう。

王の舞台でリリース要員となるトークンを確保できるので

そういう意味でも相手ターンに発動するのに向いています。

 

その後、
破壊された相手フィールドのモンスターの数だけ相手はデッキからドローできる。
ただし相手モンスターを破壊した場合その数だけ相手にドローさせるデメリットがあります。
光帝クライスに近い性質を持った効果ですが
自分のカードを破壊しても自分はドローできない点には注意です。
あまり調子にのってたくさん破壊しても相手に多くドローさせるだけなので
シンクロやエクシーズ召喚などを妨害出来る程度の最小限の破壊で展開を止めるのが理想的です。
便乗で自分もドローしたり
ドロール&ロックバードで相手にドローさせないようにするのもいいでしょう。
ちなみに破壊された後にこのドローする処理が入るので
一部の破壊された時に発動できる効果はタイミングを逃させる事が可能です。

 

 

ニードヘッグと並ぶ妨害要員として

【ジェネレイド】では特殊召喚を妨害できる氷の王 ニードヘッグと並んで

相手の展開を妨害する役割として重宝します。

どちらも1ターンに1度しか発動できない制限があるので

2体一緒に並べる事でより幅広く相手に嫌がらせをする事が可能です。

 

戦士族デッキで用いる場合はリリース要員をどう確保するかが課題になってきます。

聖騎士の追想 イゾルデなどの効果で

定期的に戦士族を特殊召喚できる手段を確保しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました