遊戯王カード考察:≪海晶乙女瀑布(マリンセス・カタラクト)≫手札誘発で避難させられる便利なカード

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

海晶乙女瀑布
通常罠
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドの「マリンセス」リンクモンスターを
任意の数だけ次の自分スタンバイフェイズまで除外し、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
このカードを発動するために除外した
リンクモンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。

 

マリンセス用の通常罠です。

VRAINSにおいてブルーメイデンがボーマン戦で使用し

テッセライト・ハイドライブ・モナークの除去にチェーンして

コーラルアネモネとクリスタルハートを除外しました。

テッセライト・ハイドライブ・モナークの除去は通った場合連続攻撃が可能であり

この連続攻撃を不発にする意味もありました。

 

 

ブルースラッグ、コーラルアネモネ、マーブルド・ロックが並び

大きな滝を発生させています。

瀑布とは高い所から白い布を垂らしたように直下する水の流れの事で

主に滝や飛泉の事を指します。

 

 

リリースエスケープにも打点強化にも

スポンサーリンク

 

①:自分フィールドの「マリンセス」リンクモンスターを
任意の数だけ次の自分スタンバイフェイズまで除外し、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
このカードを発動するために除外した
リンクモンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。

その効果は任意の数のマリンセスリンクを次の自分スタンバイフェイズまで除外、

場のモンスター1体の攻撃力をそのターンの間、

除外したマリンセスリンクのマーカー合計×300アップするというものです。

マリンセスリンクが除去されそうになった時のリリースエスケープとして使える他に

LINK-4のワンダーハートを除外すれば攻撃力を1200アップさせる事が可能であり

打点強化用のカードとしても有用です。

ただ自分のモンスターを全て除外した場合は

相手モンスターの攻撃力を上げねばならず

がら空きの所に大ダメージを食らう覚悟は必要となります。

 

 

自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。

そしてマリンセス用の罠としてお馴染みになってきた豪華特典として

リンク3以上のマリンセスが場にいる場合手札から発動可能となります。

リンク3の海晶乙女マーブルド・ロックは毎ターンアドバンテージを確保できる効果を持ち

このカードで生存性能を高める事は大きな意味を持ちます。

 

全体除去にも強い

言うなればマリンセス版亜空間物質転送装置とも言うべきカードであり

一時的に除外できるのがマリンセスリンクと限定される代わりに

複数体同時に除外可能、LINK-3以上があれば手札から発動可能と優秀で

特に激流葬やサンダー・ボルトなど全体除去を撃たれたとしても

やり過ごす事が可能です。

マーブルド・ロックをメインモンスターゾーンに移動させる事は

EX召喚枠の確保としても機能してくれるでしょう。

また効果でなくコストで除外する点もポイントで

リリースエスケープにチェーンをされてさらに除去を撃たれるという危険を減らせます。

 

攻撃力上昇は敵の攻撃力を上げるケースもあり一長一短になってくるので

相手の攻撃力を上げたくない場合は

複数除外する場合にも1体は残しておくなど上手く工夫しましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました