遊戯王カード考察:≪タキオン・ギャラクシースパイラル≫脳筋に完全耐性付与できる

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

タキオン・ギャラクシースパイラル
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドに
「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドのドラゴン族の
「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、
戦闘では破壊されず、自身以外のカードの効果を受けない。

ギャラクシーのサポートとなる通常罠です。

No.107 銀河眼の時空竜の周りにいくつもの光が

オーバーレイユニットの軌道を描くように輝いています。

ちなみに銀河眼の時空竜の攻撃名が「殲滅のタキオン・スパイラル」であり

このカードの名前とよく似ています。

効果的に考えると攻撃に使うエネルギーを防御に回した技でしょうか。

 

 

ギャラクシーアイズに完全耐性付与!

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのドラゴン族の
「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、
戦闘では破壊されず、自身以外のカードの効果を受けない。

その効果は1ターンに1度、

自分のドラゴン族のギャラクシー1体にそのターンの間

戦闘破壊耐性と自身以外のカード効果を受けない完全耐性を付与するというものです。

特にCNo.107 超銀河眼の時空龍やNo.62 銀河眼の光子竜皇あたりの

脳筋なギャラクシーアイズの攻撃を無理やり通すのに効果的です。

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシーの効果もより狙いやすくなるでしょう。

自分のカードの効果も受けない為

特に銀河衛竜による打点強化などを考えている場合には注意が必要です。

 

 

 

自分フィールドに
「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。

そして自分の場にギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンと名の付くモンスターがいる場合

手札から直接発動する事が可能です。

タキオン・トランスミグレイションと同じ条件と効果であり

タキオン・ドラゴンの時を操る能力を意識したものとなっています。

手札誘発で完全耐性を付与できる意味は大きく

このカード自身が除去される心配もなく超銀河眼の時空龍の攻撃を無理やり通せます。

 

 

脳筋が完全耐性を持つという恐怖

うまくいけば攻撃力4500の超銀河眼の時空龍が

完全耐性を付与された上で3回攻撃をしかけてくるという光景が成立します。

相手からすればたまったものじゃないでしょう。

タキオン以外の各種ギャラクシーアイズの場持ちも大きく高めてくれるカードであり

これらのエクシーズ召喚を積極的に狙うランク8デッキであれば

積極的に採用していいカードだと思います。

実際このカードを伏せた状態のタイタニック・ギャラクシーは相当いやらしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました