遊戯王カード考察:≪魔筒覗(まづつし)ベイオネーター≫出しやすくて戦闘を助けてくれる奴

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

魔筒覗ベイオネーター
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 500/守 0
①:1ターンに1度、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は相手フィールドのモンスターの数×1000ダウンする。

闇属性アンデット族のレベル1モンスターです。

 

禍々しい形状をしたレーザーサイトつきの銃剣です。

カード名は銃剣を意味する「ベイオネット」からでしょうか。

支配者という意味の「ドミネーター」もかけているかもしれませんね。

 

 

シンプルに使いやすい弱体化効果

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、

相手モンスター1体の攻撃力を

相手モンスターの数×1000下げるという弱体化効果です。

このカードの場合1ターンに1度、というのはカード単位での制限であり

複数枚このカードがある場合にはそれぞれで効果を発揮可能です。

地獄の暴走召喚で3体出せば合計で相手の攻撃力を3000奪うなんて芸当もできます。

また弱体化効果は永続である為

場に長く残るタイプのエースモンスターに対しても効果的です。

弱体化数値も最低でも1000と優秀でこのカードで弱体化させた後に

何かしらのモンスターに繋げるだけでも戦闘を有利に運んでくれるでしょう。

 

 

様々なサポートに対応するステータス

闇属性アンデット族のレベル1でさらに守備力0というのがポイントで

各種アンデット族サポートやワン・フォー・ワン、悪夢再びなど

様々なカードに対応しています。

特に金華猫で蘇生させる事で相手モンスターを弱体化させちつつ

そのままランク1のエクシーズ召喚やリンク召喚に繋げられます。

例えばこのカードで弱体化させた後にゴーストリック・デュラハンに繋げる事で

相手モンスターが1体でも3400打点までは突破可能、

2体いれば4400打点までは突破可能になります。

どちらも闇属性なので見習い魔嬢や魔界の警邏課デスポリスなど

闇属性リンクを素材とするリンク召喚に繋げるのもいいでしょう。

その他アンデット族デッキであっても

相手モンスターを戦闘で突破したい場合の蘇生候補として重宝するでしょう。

 

このように特殊召喚手段が豊富に存在しており

各種素材にできて相手モンスターを弱体化させておきたい時には

積極的に出していける存在です。

コメント

  1. 匿名 より:

    攻撃力のダウン量は1000(固定)ではなく「相手のモンスターの数×1000」という破格の倍率です。
    なので最低でも1000攻撃力を下げられるというのが正解です。

タイトルとURLをコピーしました