遊戯王カード考察:≪ドカンポリン≫壊獣などを繰り返し再利用していけます

スポンサーリンク

7月13日、CHAOS IMPACT(カオス・インパクト)の発売です。

上記のリンクで各種カードの記事ページに飛べるのでよろしければどうぞ。

今回紹介するのはそのカオス・インパクトよりこのカードです。

 

 

カード説明

ドカンポリン
永続罠
使用していないモンスターゾーンを一ヵ所指定してこのカードを発動できる。
①:指定したモンスターゾーンに効果モンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのゾーンに存在するモンスターとこのカードの2枚を持ち主の手札に戻す。

 

汎用の永続罠です。

真ん中に明らかにやばいものがついているトランポリンです。

乗るとドカンとするトランポリンだからドカンポリン、

実に分かりやすいネーミングですね。

 

 

事前セット式強制脱出装置

スポンサーリンク

 

その効果は使用されていないモンスターゾーン一ヵ所を指定し

そその指定されたモンスターゾーンにモンスターが特殊召喚された場合に

こうなるというものです。

その際モンスターと一緒にこのカード自身もバウンスされるので

再びセットしてモンスターゾーンを指定する事が可能です。

言うなれば事前にポイントを指定しておく必要が出来た代わりに

繰り返しの使用が可能となった強制脱出装置ですね。

あくまで特殊召喚のみに対応し

通常召喚には対応しない点には注意してください。

 

 

壊獣を何度でも再利用!他にも使い方は色々

特に相性がいいと思われるのは

壊獣やトーチ・ゴーレムなど相手に送り付ける類のカードです。

除去さえされなければ毎ターン繰り返し使用可能であり

継続的にアドバンテージを取り続ける事が可能です。

 

また普通に相手の展開を妨害する手段としても使えます。

EXモンスターゾーンを指定しておき

もう片方のEXモンスターゾーンを自分のモンスターで占領しておく事で

相手のEXデッキからの特殊召喚を大きく制限させられます。

 

自分のモンスターゾーンにセットしてそこに特殊召喚する事で

魔神儀や光天使スローネ、調弦の魔術師など

特殊召喚時に発動する類の効果を手札に戻して再利用する使い方も可能です。

前述の通り特殊召喚にしか対応していない為

帝などアドバンス召喚時の効果の再利用には使えない点には注意です。

 

 

このように様々な使い方が考えられる面白いカードです。

強制脱出装置よりも単純な使い勝手では劣りますが

その分除去されない限り繰り返し発動する事が出来るので

特に継続的なアドバンテージを生み出したい場合に活用していけます。

また1ターンに1度の発動制限もありません。

例えば2枚同時に発動しで

2ヵ所のEXモンスターゾーンに同時にセットするなんて芸当も可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました