遊戯王カード考察:≪I:P(アイピー)マスカレーナ≫アクセルシンクロならぬアクセルリンク!

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

I:Pマスカレーナ
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻 800/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
②:このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

 

闇属性サイバース族のLINK-2です。

露骨です。露骨な萌えカードです

猫型の仮面を頭に乗せ機械的な尻尾を装着した

電脳世界を駆け巡る巨乳へそ出しインラインスケート少女です。

もうポーズとか股が見えかかってる所とか舌だしとか色々あざといです。

今までそのイラストだけは登場していたのですが

カードとしての詳細は伏せられており、今回判明する事になりました。

見た目からしてウルトラアスリート関連のカードかなと予測していたのですが

全然違いました、ちょっと残念です。

 

カード名の由来は「IPマスカレード」からだと思われます。

コンピュータ用語の1つで

1つのIPアドレスを複数の機器で共有する為のシステムです。

 

 

相手ターンにリンク召喚だと!?

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体

リンク素材にはリンクモンスター以外のモンスター2体を指定しています。

トークンも素材に可能であり相当に緩い素材指定だと言えるでしょう。

 

リンクマーカーは斜め下にそれぞれあるEXモンスターゾーン向けの配置です。

出しやすさも含めてEX召喚枠の確保としても重宝するでしょう。

 

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。

①の効果は1ターンに1度、相手メインフェイズ時に

自身を含む自分の場のモンスターを素材にリンク召喚を行うというものです。

言うなればリンク版アクセルシンクロとも言うべき効果であり

特にトロイメア・ユニコーンのようにリンク召喚時に除去を行えるカードと組み合わせる事で

相手の展開の妨害として機能します。

 

 

②:このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

②の効果はこのカードをリンク素材にしてリンク召喚したリンクモンスターに

相手の効果に対する効果破壊耐性を付与するというものです。

これにより例えばブラック・ホールやサンダー・ボルトなどを撃たれた場合に

咄嗟にリンク召喚して破壊を防ぐといった芸当が可能になります。

 

 

素材としてとても優秀なLINK-2

破械神ラギアに続く相手ターンにリンク召喚を行える効果を持ったカードです。

あちらのように相手モンスターを素材にする事こそ出来ないものの、

リンク素材にする数に制限はなくLINK-4やLINK-5も狙えます。

何よりリンク先に縛りがなくこのカード自体の素材指定も非常に緩い為

汎用性の高さは格段に上と言っていいでしょう。

それに加えて効果破壊耐性も付与するという豪華特典もついており

更なるリンク召喚の繋ぎとなるLINK-2としてはとても優秀な女の子です。

 

 

別の耐性を持つモンスターに更に耐性を追加するというのもオススメで

特に対象耐性を持つヴァレルロード・ドラゴンやリンクメイル・デーモン、

トランスコード・トーカーの素材になれば強固な耐性を与えられます。

別に①の効果を使わずに普通に自分ターンに普通にリンク召喚をしてもいいので

そういう意味でも汎用性の高いカードと言えるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました