遊戯王カード考察:≪E-HERO(イービルヒーロー) シニスター・ネクロム≫ディアボリックガイの亜種です

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

E-HERO シニスター・ネクロム
効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1600/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札・デッキから「E-HERO シニスター・ネクロム」以外の
「E-HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

 

イービルヒーローの新規となる闇属性悪魔族のレベル5です。

E・HEROネクロダークマンがイービルヒーロー化した姿だと思われ

種族が悪魔族になっている以外はレベル、属性攻撃力守備力などが一緒です。

 

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的にトゲトゲが増したデザインになっており

顔面を覆うように鉄のような仮面を装着しています。

シニスターとは「禍々しい」や「邪悪な」といった意味合いであり

ストレートに悪堕ちした感じのネーミングとなっています。

いやまあネクロダークマンの時点で大分邪悪っぽいネーミングですが。

 

 

好きなE-HEROをデッキから!

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

手札かデッキから同名カード以外のイービルヒーローを特殊召喚するというものです。

E-HERO版ディアボリックガイとも言うべきカードですが

あちらが同名カードを特殊召喚するのに対し

こちらは同名カード以外を特殊召喚出来るようになっています。

特殊召喚するモンスターはE-HEROマリシャス・エッジが筆頭であり

そのままアタッカーとして運用してもいいですし

ランク7のエクシーズ素材にする手もあります。

他にもアダスター・ゴールドやヘル・ゲイナーを特殊召喚すればランク4の

ヘルブラッドを特殊召喚すればランク2のエクシーズ召喚が狙えるなど

複数のE-HEROを採用していれば状況に応じてレベルを出せる為

ディアボリックガイに比べると連続で特殊召喚が狙えない代わりに

さらに柔軟な対応が可能です。

 

 

墓地に送る手段も豊富

さて肝心の墓地に送る手段ですがHEROに属する為

V・HEROヴァイオンでデッキから墓地に送るのが手っ取り早いでしょう。

他にも闇属性なので終末の騎士でデッキから墓地に送れたり

悪魔族なので魔サイの戦士でデッキから墓地に送れたりもするので

墓地に送る手段に困る事はあまりないでしょう。

 

手札に来た場合はダーク・フュージョンなどで融合素材にする手があります。

このカードはレベル5という事もあり

E-HERO マリシャス・ベインのどちらの融合素材にもなれます。

今までレベル5以上のメインデッキのE-HEROはマリシャス・エッジだけだったので

このカードの登場でよりマリシャス・ベインが出しやすくなったと言えるでしょう。

 

 

まあ文句無しに強いカードですね。

とにかくこのカードを墓地に送れば好きなE-HEROをデッキから特殊召喚可能であり

【E-HERO】の展開力を飛躍的に増大させてくれる存在です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました