遊戯王カード考察:≪ギミック・パペット-ビスク・ドール≫特殊召喚できるボム・エッグみたいな感じ

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ギミック・パペット-ビスク・ドール
効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻1000/守1000
①:このカードは手札の「ギミック・パペット」モンスター1体を捨てて、
手札から特殊召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの「ギミック・パペット」モンスターは
相手の効果の対象にならない。

 

ギミック・パペットの新規となる闇属性機械族のレベル8です。

虚ろな目で力なく横たわる赤毛のゴスロリ少女の人形です。

確かに不気味ではありますがギミック・パペットの中では

割と真っ当な見た目をしたモンスターですね。

ビスク・ドールとは19世紀ごろにヨーロッパで流行した人形です。

ビスクとは「二度焼き」を意味するビスキュイを語源とする言葉で

手足などを二度焼きされた素焼きの磁器製で作成されたりします。

ちなみに遊戯王GXにも「さまよいのビスクドール-アリス」という

このビスクドールをモチーフにするモンスターが登場していたりします。

 

 

手札コストによって特殊召喚

スポンサーリンク

 

①:このカードは手札の「ギミック・パペット」モンスター1体を捨てて、
手札から特殊召喚できる。

①の効果は手札のギミック・パペット1体を捨てて

手札から特殊召喚出来るというものです。

手札コストこそ有しますがマグネ・ドールやネクロ・ドールなどは

墓地にもフィールドにも何もない状態では特殊召喚する事が出来ないので

まっさらな状態で展開する手段の1つとして機能します。

最近の効果では珍しく1ターンに1度の制約がなく

手札コストさえあれば複数のカードを展開する事も可能です。

手札コストにするギミック・パペットは

ネクロ・ドールの除外コストなどにしてしまえば無駄がないでしょう。

そのネクロ・ドール自身を墓地に送る手段としても機能します。

 

 

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの「ギミック・パペット」モンスターは
相手の効果の対象にならない。

②の効果は墓地から除外する事でそのターン、

自分の場のギミックパペットに対象耐性を付与するというものです。

魔法の筒などの単体指定の攻撃反応罠などを回避する事が出来ますが

いかんせん自分のターン限定なのもあって防げるカードが限定的ではあります。

無理に活かせない場合は除外せずに

ネクロ・ドールのコストとして活用した方がよいでしょう。

 

初期手札にあると割と助かります

手札コストを有して場に出すレベル8という点で

概ねギミック・パペット-ボム・エッグと似たような性質を持っています。

あちらは元々のレベルが4でいざという時には

ギミック・パペット-ギガンテス・ドールのエクシーズ素材になれるのに対し

こちらは召喚権なしで場に出す事が可能という点で違います。

展開手段という意味ではこちらの方が優れているでしょう。

また素のレベルが8なので

いざという時はトレード・インのコストにできたりもします。

 

そんなに強いカードではないんですが

なんだかんだで初動にあると助かるカードではあったりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました