遊戯王カード考察:≪捕食活動(プレデター・プラクティス)≫展開も出来るサーチカード登場

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

捕食活動
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札から「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、デッキから「捕食活動」以外の「プレデター」カード1枚を手札に加える。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

プレデター・プランツの新規となる通常魔法です。

 

捕食植物ドロソフィルム・ヒドラを中心に

様々な捕食植物達がいただきますとばかりに大きく口を開けています。

捕食される側の視点で描かれた実に恐怖感感じるイラストですね。

プラクティスとは「日常」や「習慣」といった意味の言葉であり

まあつまりこれが捕食植物にとってはいつもの事なんでしょう。

 

 

サーチ手段であり展開手段でもある

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、

手札からプレデター・プランツ1体を特殊召喚しその後

同名カード以外の「プレデター」と名の付くカードをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

発動には手札に捕食植物が存在している必要がありますが

サーチカードにおまけで展開効果がついているのは非常にありがたいです。

発動条件的にも制約的にも

まさにプレデター・プランツをメインにするデッキで使うべきカードと言えるでしょう。

発動後にEXデッキから融合以外特殊召喚出来なくなる制約が発生するので

リンクモンスターなどを出す場合はまずそれらの展開をしてから

このカードを発動するといった工夫をしましょう。

このカードでダーリング・コブラを特殊召喚しても効果を発動できない点には注意です。

 

 

スターヴヴェノムなどがより出しやすく

プレデター・プランツは特に手札から特殊召喚する手段に乏しかった為

特殊召喚効果付きのサーチカードというのはまさに待望と言っていいでしょう。

特にスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンや捕食植物トリフィオヴェルトゥム

フィールドのモンスターを融合素材にする必要がある為

このカードで場に並べやすくなるのは出しやすさに関わってくるでしょう。

スピノ・ディオネアやフライ・ヘルなどで捕食カウンターを置きつつ

横にサンデウ・キンジーを並べて

相手モンスターごと融合素材にするという戦術も非常にやりやすくなります。

コーディセップスの効果を使った場合など

通常召喚が封じられている状態の時にも輝いてくれるでしょう。

魔法罠もサーチできるのでサンデウ・キンジーを出した後に捕食接ぎ木あたりをサーチして

墓地から捕食植物ドラゴスタペリアを蘇生するなんて動きも可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました