遊戯王カード考察:≪B・F・N(ビー・フォース・ネスト)≫防御と展開を兼ねた一石二鳥の永続罠

スポンサーリンク

今回紹介するのはCOLLECTION PACK-革命の決闘者編-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

B・F・N
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「B・F」モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
手札・デッキから「B・F」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードにカウンターを1つ置く。
その後、バトルフェイズを終了する。
②:エンドフェイズに、
カウンターが2つ以上置かれているこのカードは墓地へ送られる。
ビー・フォースのサポートとなる永続罠です。
ARC-Vにおいてシンジ・ウェーバーが榊遊矢戦で使用し
その効果で必中のピンを戦闘から守りつつ
2体目、3体目のピンをデッキから特殊召喚しました。
アニメではレベル2以下のビー・フォースしか守れず
守った同名カードしかデッキから特殊召喚できませんでしたが
OCG化に伴いビー・フォース全般を選べるようになり使いやすくなっています。
 
どこかの岩山の崖下なのでしょうか、
空に浮かぶ岩肌の下にビー・フォース達が救う大きなハチの巣があります。
またただのハチの巣ではなく所々人工的なパーツが垣間見えます。
武器を持っている事からも彼らビー・フォースは
高い技術力を持った集団である事が垣間見えます。

ビー・フォースを守りつつさらにデッキから展開もできる

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「B・F」モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
手札・デッキから「B・F」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードにカウンターを1つ置く。
その後、バトルフェイズを終了する。
①の効果は1ターンに1度、
自分のビー・フォースが攻撃対象になった時に
手札かデッキからビー・フォース1体を特殊召喚しつつ
バトルフェイズを終了するというものです。
その際にカウンターを1つ置き、それが②の効果に影響します。
自分のモンスターを守りつつ更にデッキからのリクルートも狙えるという優秀な効果で
特に相手ターンには攻撃力半減が発動しない突撃のヴォウジェや
守備表示で蘇生する事も多い霊弓のアズサなどを守る手段として重宝します。
デッキから特殊召喚するビー・フォースは
サーチ効果を発動できる毒針のニードルが筆頭となるでしょう。
②:エンドフェイズに、
カウンターが2つ以上置かれているこのカードは墓地へ送られる。
②の効果はカウンターが2つ以上置かれているエンドフェイズ時に
墓地へ送られるという自壊デメリットです。
要するに①の効果を2回発動したらそのエンドフェイズに自壊するって事ですね。
何度も①の効果を使いたい場合は
1回発動した後に霞の谷のファルコンなどでセルフバウンスするという手があります。

1回効果発動できれば十分に仕事してます

自壊するといっても相手としては2回もこのカードの発動を許したくはなく
2回目が発動する前に何かしらの手段で除去を狙いたいのが心情でしょう。
ただ1回でも攻撃を防ぎデッキから特殊召喚が出来ただけでも十分な意味があり
その上で魔法罠除去まで使わせるのであれば
1枚の永続罠の仕事としては十分すぎるといっていいでしょう。
攻撃反応系の罠な事もあり除去されやすい弱点こそありますが
何かとダメージ確保能力に傾倒しがちな【ビー・フォース】にとって
頼りになる防御手段として機能します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました