遊戯王カード考察:≪シルバーヴァレット・ドラゴン≫EXデッキの対象を狙い撃ち

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-リボルバー-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

シルバーヴァレット・ドラゴン
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1900/守 100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「シルバーヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

ヴァレットの新しい良き力となる闇属性ドラゴン族のレベル4です。

銀色に輝くボディを持つヴァレットです。

他のヴァレットが緑色に光る翼をしているのに対し

このカードだけは赤紫に光る翼をしているのが特徴的です。

また他のヴァレットが全体的に武骨で無機質なデザインなのに対し

このカードは頭部に翼のような装飾があったりとかなり異色を放ちます。

これは銀の弾丸が吸血鬼や狼男に対する霊的な側面の強い武器であり

装飾の施された銃とセットで使う事を前提にされているからでしょう。

 

また遊戯王を含むカードゲーム全般において

特定の状況に対応するピンポイントなメタカードを1種類ずつ複数採用し

それをサーチカードによって状況に応じたメタカードを引っ張ってくる戦術を

吸血鬼や狼男などの特定の相手に効果を発揮するこの弾丸になぞらえて

「シルバーバレット」と呼びます。

 

 

 

エクストラデッキ特攻の弾丸

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。

①の効果は1ターンに1度、

リンクモンスターの効果の対象になった時に自身を破壊、

その後に相手のエクストラデッキを確認して1枚選んで除外するというものです。

ヴァレットではお馴染みの発動条件であり

ヴァレルロード・ドラゴンやヴァレルソード・ドラゴンなどの各種ヴァレルリンクや

ブースター・ドラゴンなどの効果の対象にして発動を狙っていく事になります。

 

このカードが破壊された時の効果は相手のエクストラデッキの除外であり

「特定の相手(エクストラデッキ)にピンポイントに通用する弾」と意味では

まさに銀の弾丸とも言える効果です。

直接的なアドバンテージこそ取れないものの

相手のエクストラデッキを全て確認しつつ厄介なカードを事前に除外できるというのは

エクストラデッキに依存する相手にとっては嫌らしい効果です。

特にリンク召喚がメインのデッキは何かとEXデッキがカツカツになりやすく

1枚ずつしかカードが入っていないという事も多く効果的です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「シルバーヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、戦闘破壊か効果破壊されて墓地へ送られた場合に

そのエンドフェイズに同名カード以外のヴァレットを特殊召喚するというものです。

ヴァレットお馴染みの効果であり積極的に①の効果で自身を弾丸にしつつ

それを補充する事が可能です。

 

 

ヴァレル・X・用の素材が増えました

 

他のヴァレットはフィールドに干渉するものばかりな中、

フィールドではなくEXデッキをピンポイントで狙い撃つ異色のヴァレットです。

EXデッキに依存するデッキは数多く、

特に先行1ターン目などフィールドに除去するべきカードが無い場合、

このカードであらかじめEXデッキを削れるのは大きいです。

 

何気に攻撃力1900とヴァレットの中では最も攻撃力が高い為

リボルブート・セクターやブースター・ドラゴンなどで攻撃力を補強してやれば

アタッカーとして運用する事もできるでしょう。

レベル4のヴァレットという事でマグナヴァレットやメタルヴァレットのように

ヴァレルロード・X・ドラゴンのエクシーズ素材としても活用できます。

一緒に採用しておけばリボルブート・セクターなどで

レベル4ヴァレットを2体揃えるというのがより狙いやすくなるでしょよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました