遊戯王カード考察:≪命の水≫どうしても大型モンスターを蘇生したい時などに

スポンサーリンク

今回紹介するのはCOLLECTION PACK-革命の決闘者編-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

命の水
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこの効果で特殊召喚した
フィールドのモンスター以外のモンスター効果を発動できない。
汎用の通常魔法です。
遊戯王デュエルモンスターズにおいてレオン・ウィルソンが闇遊戯戦で使用し
鉄のハンスを蘇生させました。
金色の壺から流れた水により地面から鬼が元気いっぱいに起き上がってます。
モチーフはグリム童話「命の水」であり
3人の王子が父親の病を治す為の命の水を求めるというお話で
傲慢な長男次男が色々と問題を起こす中、
三男が兄たちに酷い目にあわされながらも誠実に動き
結果として三男が幸せになるという話です。
グリム童話はこの手の末っ子が活躍する話は割と多いです。
いわゆる「末子成功譚」と呼ばれる類の話でグリム童話には割と多いです。

死者蘇生下位互換の1つ

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
①の効果は1ターンに1度、自分の場にモンスターがいない場合に
墓地のモンスターを攻撃表示で特殊召喚する蘇生効果です。
自分の場にモンスターが存在しない時に発動可能な通常魔法の蘇生カードという点では
丁度シャッフル・リボーンと共通しています。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこの効果で特殊召喚した
フィールドのモンスター以外のモンスター効果を発動できない。
ただしこの効果で蘇生した後
それ以外のモンスター効果を発動できなくなる制約が発生します。
蘇生の条件と合わせて制限カードの死者蘇生の下位互換とも言えるカードです。
蘇生したモンスターの効果が無効化されるシャッフル・リボーンとは
丁度逆のような性能であり相互互換のような関係です。
蘇生したモンスターを素材にしてリンク召喚などに繋げる場合はシャッフル・リボーンを、
逆に蘇生したモンスターをそのまま活用する場合には
こちらを使うといった感じに使い分ける事になるでしょう。

 

効果は無効にしない点を上手くいかそう

あくまで効果を発動できなくなるのは蘇生した後なので
それまでに他のモンスター効果を発動する事は可能ですが
場に他のモンスターがいると発動が出来ないのでそれを狙うのも中々難しいです。
使うとすればPSYフレームロード・Ωなど
フィールドに残らないタイプのモンスターですね。
またあくまで発動が出来なくなるだけで効果そのものは無効化されません。
例えばトランスコード・トーカーをこのカードで蘇生した後に
その効果で横にエクスコード・トーカーやフレイム・アドミニスターを蘇生し
攻撃力を上昇させるといった事は可能です。

 

せめて他のモンスターがいる時にも発動できたらかなり使い勝手変わっていたのですが
中々に使いどころの難しいカードですね。
好きなモンスターを効果を無効にせずに完全蘇生できるのは割と貴重であり
どうしても蘇生させたい大型のモンスターがいる場合に
2枚目以降の死者蘇生として使う感じになるでしょうか。
この手の下位互換がまだ出る事を考えると
死者蘇生が緩和されるのはまだまだ先になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました