遊戯王カード考察:≪ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード≫満を持してLINK-5登場!切り札感満載な脳筋っぷり

スポンサーリンク

7月13日にレギュラーパック、

「CHAOS IMPACT(カオス・インパクト)」が発売されます。

今回紹介するのはそのカオス・インパクトの看板を務めるこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻3000/LINK-5
【リンクマーカー:上 左 右 左下 右下】

←   →

効果モンスター3体以上
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけ
このカードにカウンターを置く。
②:このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、
このカードのカウンターの数×2500アップする。
③:相手がモンスターの効果を発動した時、
このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。
この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、
このカードはもう1度続けて攻撃できる。

 

宇宙(そら)に満ちたる神秘の力!

奇跡の星に降り注ぎ!無限の命を紡ぎだせ!

リンク召喚!現れろLINK-5!

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード!!

 

ファイアウォール・ドラゴンの進化形となる闇属性サイバース族のLINK-5です。

大会使用禁止カードとしてLINK-5のユニティ・オブ・ドラゴンがありましたが

OCGで実際に仕えるカードとしては満を持してのLINK-5の登場です。

 

ルールが大きく変わるとき
ファイアウォールはその姿を現す
始めにはリンク4として
リンク4はその力を以って大地に無限ループを降注ぎ
やがて死ぬ
しばしの眠りの後、ファイアウォールは再び現れる
リンク5として現れる

水晶のように複数に枝分かれした大きな翼が印象的です。

どことなく翼の形はリンク・ディヴォーティーも連想させますね。

白と青が貴重だった素のファイアウォール・ドラゴンに対し

こちらは黒と緑をベースとしたやや無機質さを感じさせる色合いになっています。

属性も光から闇に代わっており闇堕ちしたかのような印象もありますが

プレイメーカーにとって闇というのは相棒であるAiの属性であり

よりAiの力が強くなったファイアウォール・ドラゴンなのかもしれません。

 

 

最大で13000打点!

スポンサーリンク

【リンクマーカー:上 左 右 左下 右下】
効果モンスター3体以上
リンク素材には効果モンスター3体以上を指定しています。
特に難しい指定が書かれていない素材指定ですが
LINK-5という事もありそれだけ大きの素材を揃える必要があります。
LINK-4を出すよりより展開力が求められてくるでしょう。
リンクマーカーは上と左右、そして斜め下2つと
ヴァレルロード・ドラゴンのマーカーに上方向を足したような形になっています。
EX、メインモンスターゾーンどちらでも活用できる使いやすい配置と言えます。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけ
このカードにカウンターを置く。
②:このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、
このカードのカウンターの数×2500アップする。
①と②の効果はリンク召喚に成功した場合に
墓地に存在する儀式、融合、シンクロ、エクシーズのいずれかに属する
サイバース族モンスターの種類の数だけカードにカウンターを置き、
バトルフェイズの間そのカウンターの数×2500だけ自身の攻撃力を上げる自己強化効果です。
該当するモンスターとしては現在
儀式:嵐竜の聖騎士、サイバース・マジシャン、転生炎獣エメラルドイーグル
融合:ダイプレクサ・キマイラ、サイバース・クロック・ドラゴン、転生炎獣ヴァイオレットキマイラ
シンクロ:サイバース・インテグレーター、サイバース・クアンタム・ドラゴン
エクシーズ:ファイアウォール・X・ドラゴン、サイバース・リマインダー、転生炎獣ミラージュスタリオ
といった所ですね。何気にシンクロ以外は転生炎獣にも揃っています。
攻撃力の上昇がカウンター1つにつき2500と凄まじく
仮に4種類全てのモンスターが墓地に存在していれば元々の攻撃力3000と合わせて
合計13000打点という凄まじい脳筋っぷりを発揮します。

相手モンスターの効果を無効にして無理やり攻撃を押し通す

③:相手がモンスターの効果を発動した時、
このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。
この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、
このカードはもう1度続けて攻撃できる。
②の効果は相手がモンスターの効果を発動下時に
カウンターを1つ取り除く事でその効果を無効、それがこのカードが攻撃している間であれば
更に追加攻撃が可能というものです。
1回無効化する毎に攻撃力が2500も低下してしまいますが
1ターンに何度でも発動可能であり十分にカウンターが溜まっていた場合、
モンスター効果に強く依存するデッキであればまさに悪夢といえる効果です。
もしカウンターが4つあれば2回カウンターを取り除いたとしても
まだ攻撃力が8000であり依然として恐ろしい打点のモンスターである事に変わりはありません。

この手のカードでやっぱり頼れるのはあのカード

 

凄まじい脳筋っぷり加えて攻撃を無理やり押し通すまで備えた切り札感満載のカードです。

真面目な方法で4種類全てを墓地に用意するのは中々に大変ですが
お馴染みEXデッキのカードを墓地に送る達人である轟雷帝ザボルグの力を借りる事で
比較的楽にこの条件を満たす事ができるでしょう。
ただ儀式は轟雷帝ザボルグだけでは墓地に送れないので
カウンター4つが欲しければ導入する必要があります。
幸い虹光の宣告者を一緒に墓地に送ればサーチが出来るので相性はいいです。
またシンクロやエクシーズならばそこまで用意するのは難しくなく
仮にこの2種類だけでも8000打点を確保可能と十分に強力です。
融合と儀式のギミックを両方取り入れるのは中々に大変ですが
どちらか片方であればさほど問題なく組み込む事が出来るでしょう。
高い打点とモンスター効果無効は魅力的であり
このカードの運用を意識したサイバース族デッキを組んでみるのも面白いでしょう。

複数の召喚法を活用してこそ真の力を発揮できるという
VRAINS2部におけるプレイメーカーの集大成とも言えるヒロイックなカードです。
アニメでは特別な位置に存在するLINK-5という事もあり
このカードがボーマン戦における切り札的な存在なのかもしれません。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    リンクを参照しないのが意外です

  2. 匿名 より:

    ラーズグリーズで草
    ザボルグがどんどん優秀になっていくなぁ

タイトルとURLをコピーしました