遊戯王カード考察:≪海晶乙女潮流(マリンセス・カレント)≫マリンセスのバーンはチクチクではない!

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

海晶乙女潮流
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分の「マリンセス」リンクモンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その自分のモンスターのリンクマーカーの数×400ダメージを相手に与える。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在し、
相手リンクモンスターを破壊した場合には、
破壊されたモンスターの
リンクマーカーの数×500ダメージをさらに相手に与える。
マリンセスのサポートとなる通常罠です。
VRAINSにおいてブルーメイデンがハル戦で使用し
LINK-3の海晶乙女マーブルド・ロックで
LINK-2のツイン・ハイドライブ・ナイトを戦闘破壊、
2200のバーンダメージを与えました。
イラストでは海晶乙女ブルースラッグが巨大な渦潮を発生させています。
本人も思いっきり巻き込まれてる感じですが大丈夫なのでしょうか。

リンクモンスターを破壊できれば強烈なバーン!

スポンサーリンク

 

①:自分の「マリンセス」リンクモンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その自分のモンスターのリンクマーカーの数×400ダメージを相手に与える。
その効果はマリンセスリンクが相手モンスターを戦闘破壊した場合に
そのマリンセスリンクのマーカー数×400のダメージを与えるバーン効果です。
バーン効果があるあたりトリックスターからマリンセスに鞍替えしたとしても
ブルーメイデンは相変わらずっていう感じがしてきますね。
今現在最大のマーカー数のマリンセスリンクはLINK-3のマーブルド・ロックなので
与えられるダメージは1200という事になります。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在し、
相手リンクモンスターを破壊した場合には、
破壊されたモンスターの
リンクマーカーの数×500ダメージをさらに相手に与える。
そしてLINK-2以上のマリンセスがいる状態かつ
戦闘破壊した相手がリンクモンスターだった場合
そのマーカー数×500のバーンダメージを追加で与えます。
例えばLINK-4を戦闘破壊できればさらに2000ダメージが上乗せされます。
現在一番攻撃力が高いマリンセスリンクであるマーブルド・ロックでも
攻撃力2500なのでそのままではLINK-4を戦闘破壊するのは難しいですが
海晶乙女シースターなどで攻撃力を上昇させれば十分に戦闘破壊が狙えるようになるでしょう。
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
そしてLINK-3以上のマリンセスがいる場合
さらに豪華特典として手札から発動可能となります。
予めセットする必要がなくすぐさま発動できるようになるので
より発動チャンスが増やせるでしょう。
そもそもマーカー数が多いマリンセスリンクを用意した方が与えられるダメージも大きくなるので
基本はLINK-3のマーブルド・ロックがいる状態で発動するのが望ましいです。
マリンセスなら1枚からリンク召喚できますしね。

ダメージの期待値はかなり大きめ

 

現状における最大ダメージはLINK-3のマーブルド・ロックで
LINK-4のモンスターを戦闘破壊した時に与えられる3200です。
カード1枚で出せるバーンダメージとしては相当な数値と言えるでしょう。
トリックスターはチクチクバーンが基本でしたが
マリンセスのバーンは一気に豪快なダメージを与えるものとなっています。
ただこれは相手がLINK-4を使ってきてくれた場合の話であり
そもそもリンクモンスターを使わないデッキなどが相手の場合
与えられるダメージは1200止まりとなってしまいます。
ただ現在の環境は大抵のデッキにはリンクモンスターが存在するので
そこまで追加ダメージを与えられる機会に困る事はないでしょう。
例え戦闘破壊できたのがLINK-2だとしても
2200のダメージは与えられるのでバーンカードとしては中々の数値です。
アニメには既にLINK-4の海晶乙女 ワンダーハートが存在しており
切り札として今後追加される期待値も高いです。
もし登場すれば与えられるダメージは最低でも1600、
LINK-4を戦闘破壊出来れば3600のバーンが成立するので
よりこのカードの実用性を高めてくれるでしょう。
そういう意味では将来性にも期待できるカードですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました