遊戯王カード考察:≪海晶乙女波動(マリンセス・ウェーブ)≫ 手札から発動できる完全耐性付与!

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

海晶乙女波動
通常罠
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドに「マリンセス」リンクモンスターが存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
さらに自分フィールドの全ての表側表示のモンスターは
ターン終了時まで、相手の効果を受けない。
マリンセス用のサポートとなる通常罠です。
VRAINSにおいてブルーメイデンがハル戦で使用し
その効果でクーラント・ハイドライブの直接効果を無効にし自爆特攻を誘いました。
マリンセス-コーラルアネモネのシルエットが両手を天にかかげて
周囲の水面から光がいくつも走っています。

場のマリンセスのLINK数によって豪華特典が!

スポンサーリンク

 

①:自分フィールドに「マリンセス」リンクモンスターが存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
その効果は自分の場にマリンセスリンクがいる場合に
相手の場のモンスター1体をそのターンまで無効にするという無効化効果です。
このままでは発動条件が指定され墓地発動も出来ないブレイクスルー・スキルですが
場にいるマリンセスリンクのマーカー数に応じて効果が追加されていきます。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
さらに自分フィールドの全ての表側表示のモンスターは
ターン終了時まで、相手の効果を受けない。
LINK-2以上のマリンセスリンクが存在していれば
モンスター1体の効果無効に加えてそのターンの間
自分の全ての表側表示モンスターに相手の効果を一切受けない完全耐性を付与します。
1ターン限りですが全体に付与できる耐性としては最高峰のものであり
そのターン自分のモンスター全体の場持ち性能を大幅に高めてくれます。
サンダーボルトなど相手の全体除去にチェーンして発動するのもいいでしょう。
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
そしてLINK-3以上のマリンセスリンクが存在していれば
さらに豪華特典として手札から発動可能となります。
こうなると伏せてあるこのカードが除去されるという心配もなく
エフェクト・ヴェーラーのように相手モンスターを手札から妨害する事も可能です。

コーラルアネモネ等と合わせて他の水属性テーマにも

マリンセス用のサポートカードですが

そもそもLINK-2のコーラルアネモネが水属性全般活用できるリンクであり

コーラルアネモネをエクストラデッキに採用しているのであれば

このカードも問題なく活用する事が可能です。

LINK-2の段階でも全体の耐性としても十分に有用ですが

LINK-3のマーブルド・ロックを出せばさらに手札から発動可能となり

より有用性が増します。

このカードの為にマーブルド・ロックまで出す価値も十分にあるでしょう。

伏せる必要がなくなる為黄泉ガエルと共用しやすいのもポイントです。

勿論マリンセスシーホースをデッキに混ぜておけば

マーブルド・ロックの性能も十全に発揮できるようになるので

よりこのカードを活かしやすくなるでしょう。

まあそこまでしたら普通に【マリンセス】デッキと呼べますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました