遊戯王カード考察:≪TG ギア・ゾンビ(テックジーナス ギアゾンビ)≫ ワーウルフと悪夢再び共有できます

スポンサーリンク

美少女艦隊ゲーム「アズールレーン」の決闘者代表な艦船であるハーミーズですが

今度ついに改造が実装されるようになりました。

とうとうDホイールまで乗りやがりましたこのデュエリスト

 

さて今回紹介するのはCOLLECTION PACK-革命の決闘者編-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

TG ギア・ゾンビ
チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 600/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、対象のモンスターの攻撃力を1000ダウンする。
テックジーナスの新規となる闇属性アンデット族のレベル1チューナーです。
5D’sにおいてアンチノミーが不動遊星戦で使用し
その効果で手札から特殊召喚され、TGレシプロ ドラゴンフライのシンクロ素材となりました。
アニメでは機械族の攻撃力を1000下げる事で特殊召喚する効果でしたが
OCG化に伴い攻撃力を下げる対象がテックジーナスに変更されています。
名前の通りに各所に歯車が埋め込まれたゾンビです。
アニメでは他のテックジーナス同様に機械族としても扱う特性を持っており
ただのゾンビだけでなくフランケンシュタインの怪物としての要素も入っていると思われます。

攻撃力を下げるのはむしろメリット!

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、
自分場にテックジーナスがいるときにそれを対象に取りつつ手札から特殊召喚、
その後その対象にとったテックジーナスの攻撃力を1000下げる自己強化効果です。
同じく手札から特殊召喚できるレベル1のテックジーナスにブースター・ラプトルがいますが
あちらが非チューナーでこちらがチューナーという形で使い分ける事になるでしょう。
自分モンスターの攻撃力を下げてしまうデメリットがありますが
TG1-EM1で自分のテックジーナスを送り付ける場合には
逆に戦闘破壊を狙いやすくなりダメージを与えやすくなるメリットに繋がります。
また何気に特殊召喚した後に攻撃力を下げる処理が挟まるのがポイントで
激流葬などの召喚反応罠のタイミングを逃す事が可能です。
主な相方はTGラッシュ・ライノでありあちらと一緒に並べる事で
TGスター・ガーディアンなどのレベル5シンクロに繋げられます。
TGスクリュー・サーペントでTGラッシュ・ライノを蘇生してこのカードを特殊召喚すれば
3体で水晶機巧-グリオンガンドのシンクロ召喚も狙えたりします。

テックジーナスにアンデット族サポートを入れられるように

アンデット族なので馬頭鬼やユニゾンビを初めとする
各種アンデット族サポートにも対応しています。
テックジーナスにアンデット族の要素を混ぜるという選択肢も可能となるでしょう。
また闇属性の攻撃力0でありTGワーウルフと悪夢再びを共有でき
レベル1なのでTGブースター・ラプトルやTGタンク・ラーヴァと
ワン・フォー・ワンや金華猫などを共有可能となります。
これらのサポートカードをより腐らせにくく扱う事が可能となるので
そういった意味でもテックジーナスにとってありがたい存在と言えます。
TGワーウルフも手札から特殊召喚しやすいカードなので
TGワーウルフとこのカード、ついでに悪夢再びあたりも一緒に
様々なデッキに出張させるのも面白いでしょう。
割と「ギアゾンビOCG化して」という声は結構昔から耳にしていました。
今回念願適ったわけですが手札から特殊召喚出来る手堅く使いやすい効果を持ちつつ
様々なサポートに幅広く対応するいぶし銀なカードとして登場したと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました