遊戯王カード考察:大捕り物(おおとりもの) フリーチェーン汎用除去の新しい選択肢

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

大捕り物
永続罠
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、
攻撃できず、効果を発動できない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

 

汎用の永続罠です。

イラストでは忍者義賊ゴエゴエがゴヨウされています。

がんばれゴエモン2でうっかり町人なぐるとこうなりますね

 

 

その効果は相手の表側表示モンスター1体の

コントロールを得るというものです。

奪ったモンスターは攻撃や効果の発動はできなくなるので奪った

そのままリンク素材などに使ってしまうのが基本となるでしょう。

フリーチェーンで相手のコントロールを奪うという稀有なカードであり

このカード1枚で相手の展開を妨害しつつ壁も作ることが可能です。

 

 

こういったフリーチェーンの除去としてはサンダー・ブレイクや

鳳翼の爆風などが存在しますが

これらと比較した場合の大きな特徴としては

何といっても手札コストを必要としない点でしょう。

コントロール奪取である事も踏まえると

上手くいけばフリーチェーンで1:2交換が狙えるという

フリーチェーン除去としては一線を画する効果を持っています。

ただ弱点もありこれらと違い表側表示のモンスターしか除去できません。

また永続罠なのでこのカードが除去されてしまうと

奪ったモンスターのコントロールは相手に返してしまう事になります。

サンダー・ブレイクなどでは可能だった

「相手の魔法罠除去に合わせて発動」が出来ないのは中々痛い点でしょう。

もし相手の場に魔法罠を除去する効果を持ったモンスターがいる場合は

そのモンスターは最優先で狙うべきでしょう。

 

 

ちょっと癖こそありますがそれでも1:1効果以上を見込みやすく

フリーチェーンの除去としては相当に優秀なカードです。

特にリンクモンスターが主流の今の環境であれば

相手のLINK-3のモンスターを奪う事が出来れば

それを素材にLINK-4に繋げる事も可能なので

上手くはまればかなりウハウハなカードです。

 

 

ちなみに奪ったモンスターがフィールドから離れた際に自壊しますが

エクシーズ素材に使った場合はそのままフィールドに残ります。

特にレベル6モンスターをメインに扱うデッキであれば

交血鬼-ヴァンパイア・シェリダンのエクシーズ素材にする機会も多いでしょう。

この場合セルフバウンス系のカードがあれば再利用に繋げる事が出来ますし

マジック・プランターのコストにする事も検討できるので

エクシーズ素材にする機会が見込めるのであれば意識しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました