遊戯王カード考察:師弟の絆 ブラック・マジシャンとブラック・マジシャン・ガールは2人セットでって人は是非

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONよりこのカードです。

 

 

 

師弟の絆
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から
「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。
その後、デッキから「黒・魔・導」「黒・魔・導・爆・裂・破」
「黒・爆・裂・破・魔・導」「黒・魔・導・連・弾」のいずれか1枚を選んで
自分の魔法&罠ゾーンにセットできる。

 

 

ブラック・マジシャン及びブラック・マジシャン・ガールの

サポートとなる通常魔法です。

『遊戯王~超融合!時空を越えた絆~』において闇遊戯が使用し

その効果でデッキからブラック・マジシャン・ガールを特殊召喚しました。

映画ではデッキから守備表示で特殊召喚する効果のみとなっていましたが

OCG化に伴い大幅に強化されています。

ブラック・マジシャンがブラック・マジシャン・ガールを呼び出す様を描いています。

ブラック・マジシャン・ガールが腕を構えながら出てくるあたり

師匠の前では恰好よくしようって感じが出てますね。

 

 

その効果はブラック・マジシャンが場にいる時に1ターンに1度、

手札、デッキ、墓地の好きな場所から弟子を特殊召喚した後に

ブラック・マジック(相手の魔法罠全て破壊)

ブラック・バーニング(相手の表側表示モンスター全て破壊)

ブラック・バーニング・マジック(相手の場のカード全て破壊)

ブラック・ツイン・バースト(場と墓地の弟子の数だけ師匠の攻撃力強化)

のいずれかをデッキから魔法罠ゾーンにセットするというものです。

漢字だと割とややこしいので以後カタカナ表記です。

これらの魔法カードはいずれもブラック・マジシャンや

ブラック・マジシャン・ガールが場にいる事が発動条件となっていますが

この効果でフィールドに2体並ばせられるため自然と発動条件を満たせます。

また4枚のうちブラック・マジック、ブラック・バーニング、

ブラック・ツインバーストの3枚は通常魔法であり

セットしたターンにそのまま発動する事が可能です。

速攻魔法のブラック・バーニング・マジックだけセットしたターンに使えないのは

そのままだとブラック・マジックとブラック・バーニングの上位互換になるので

意図したデザインなのでしょう。

使い分けとしては魔法罠をなんとかしたい場合はブラック・マジック、

逆にモンスターをなんとかしたい場合はブラック・バーニング、

とにかく高打点でぶん殴りたい場合はブラック・ツインバースト、

相手ターンに妨害したい場合はブラック・バーニング・マジックって感じですね。

 

 

分かりやすく豪快に強いカードであり

ブラマジ師弟を同時に採用する意義を大幅に増やしてくれる1枚です。

今まではこの師弟を両方デッキに採用するのは中々に難しかったので

やっぱりこの2人はセットで活躍させたいって人には

このカードは非常にありがたい存在となるでしょう。

デッキからでも墓地からでも弟子を特殊召喚できるので

除外されない限りはデッキに弟子1枚だけでも十分機能します。

 

 

魔法カードは4つとも採用すれば状況に応じて使い分ける事が可能ですが

全部まとめて採用するというのも中々に大変なので絞るのも手でしょう。

セットしたターンに発動できないとはいえ

フリーチェーンで相手の場を焼け野原にできる

ブラック・バーニング・マジックは非常に強力であり

迷ったらとりあえずこいつを採用しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました