遊戯王カード考察:星向鳥(ほしむくどり) レベル5~レベル8の任意のレベルに、強化蘇生使えばレベル9にも

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

星向鳥
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1500
①:このカードはメインモンスターゾーンに存在する限り、
その位置によって以下の効果を得る。
●左端:このカードのレベルは4つ上がる。
●右端:このカードのレベルは3つ上がる。
●中央:このカードのレベルは2つ上がる。
●それ以外:このカードのレベルは1つ上がる。

 

 

風属性鳥獣族のレベル4モンスターです。

鮮やかな色をしたムクドリが

レベルの星によく似た木の実に目移りしています。

名前の由来はそのものずばり「ホシムクドリ」と考えていいでしょう。

ムクドリの仲間であり体毛に星のようなきれいな斑点があるのが特徴です。

 

 

その効果はこのカードが置かれたメインモンスターゾーンの位置によって

レベルが上がるというものであり

左端であれば4レベル、中央であれば2レベル、右端であれば3レベル、

左から2番目と4番目であれば1レベルそれぞれ上昇するというものです。

イラストをよく見ると丁度左から順番に4、1、2、1、3と

配置した場所で上昇するレベルと同じ数の実が存在しています。

イラストを参照にすると場所によって何レベル上昇するかというのが

より把握しやすくなるでしょう。

 

言ってしまえばリリースなしで出せるレベル5~8のモンスターです。

同じくレベル変動効果持ちのモンスターとしては

より対応範囲の広いガガガマジシャンが存在していますが

シンクロ素材にできる点や永続的にレベルが変動する点で差別化できます。

ただ単純にリリースなしで高レベルのモンスターを召喚するのであれば

レベル5なら聖刻龍-アセトドラゴンが、

レベル6ならドドドウォリアーや陽炎獣 サーベラスが、

レベル7ならセグメンタル・ドラゴンや可変機獣 ガンナードラゴンが

レベル8ならば神獣王バルバロスがそれぞれ存在します。

このカードをより活かすのであれば

・元々のレベルが4である事

・状況に応じて違うレベルになれる事

・風属性鳥獣族である事

を上手く活用していくのがいいでしょう。

 

元々のレベルが4である点は例えば強化蘇生に対応しており

この際左端に置く事でレベル9として扱う事が可能となります。

他にもピンポイント・ガードでの蘇生にも対応していたり

マスマティシャンで墓地に送れたりもします。

 

状況に応じて違うレベルになれる点は

特に複数のランクのエクシーズ召喚を使い分けるデッキで有用で

例えば【超量】であれば状況に応じて超量機獣マグナライガーと

超量機獣ラスターレックスのどちらのエクシーズ素材にもなれます。

複数のレベルのシンクロモンスターを使い分けるデッキでも

状況に応じてそれぞれのレベルのシンクロを使い分けられますし

逆に違うレベルのチューナーを複数採用している場合でも

このカードでレベルを調整して同じレベルのシンクロに繋げる事も可能です。

 

鳥獣族なのでスワローズ・ネストに対応しているのもポイントです。

このカードとスワローズ・ネストがあれば

レベル5からレベル8の任意の鳥獣族をデッキから特殊召喚可能です。

特に霞の谷の巨神鳥を扱うペンデュラムデッキにとっては

デッキから直接引っ張ってくる手段の1つとなるでしょう。

他にもハーピィ・ハーピストでこのカードをサーチ可能です。

 

 

とまあ中々色々と悪用ができそうなカードであり

上記に挙げた事以外にも様々な活用の仕方があるでしょう。

こういうカードって上手く使いこなすと恰好いいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました