遊戯王カード考察:サラマングレイト・レイジ 1:3交換可能なフリーチェーン除去

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-よりこのカードです。

 

 

 

サラマングレイト・レイジ
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

 

 

サラマングレイト用の通常罠です。

サンライトウルフが地面を殴りつけ衝撃波を飛ばしています。

こちら側に向かうように衝撃波のドアップが映し出された迫力ある絵柄です。

 

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

その効果は1ターンに1度、

手札からフィールドのサラマングレイト1体を墓地へ送る事で

フィールドのカード1枚を破壊するというものです。

分かりやすく言えばコストがサラマングレイトに限定された代わりに

場のカードもコストにできるようになったサンダー・ブレイクですね。

2:1交換ですがサラマングレイトは墓地で発動できる効果持ちが多く

そういったカードを能動的に墓地へ送る手段としては悪くありません。

サクリファイス・エスケープにも使えるので覚えておくといいでしょう。

 

 

●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

とはこのカードの真価はやはりこちら。

サラマングレイト魔法罠ではお馴染みとなった

転生リンク召喚したサラマングレイトリンクがいる時の豪華特典です。

コストは必要なくなり選択したサラマングレイトリンクのマーカー数だけ

相手のカードを選んで破壊できるようになりました。

2:1交換だったのが転生リンク召喚したサンライトウルフがいれば1:2交換、

転生リンク召喚したヒートライオなら1:3交換という凄まじさです。

通常時の効果との細かい違いとして破壊効果が対象に取らなくなった点、

自分のカードは破壊できなくなった点があるので注意しておきましょう。

 

 

サラマングレイト用の転生リンク召喚時の魔法罠はいずれも強力なものばかりであり

このカードはその中でもフリーチェーンの除去手段として重宝します。

一度に複数枚のカードが破壊可能な点も含めて

相手の展開を妨害する手段としてお世話になるでしょう。

 

転生リンク召喚したサンライトウルフで墓地回収可能な点も見逃せません。

上手くサンライトウルフを維持する事が出来れば

毎ターンこのカードを回収して相手ターンにフリーチェーンの除去が可能となります。

展開の妨害に直結するこのカードを毎ターン発動されるのは

相手からしてみると厄介な事この上ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました