遊戯王カード考察:サイバー・エンジェル-伊舎那(イザナ)- 連続攻撃はやっぱり強いよ

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこのカードです。

 

 

 

 

サイバー・エンジェル-伊舎那-
儀式・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2500/守2600
「機械天使の儀式」により降臨。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。
②:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。
③:1ターンに1度、
自分フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスターを対象とする
相手の効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

※wiki

 

 

サイバー・エンジェルの新規となるレベル8儀式モンスターです。

女性デュエリストパックとも言えるレジェンドデュエリスト編4、

GXからは天上院明日香が代表となります。

四本の腕に三叉戟と片手斧を携えた青白い肌の戦女神です。

名前の由来は伊舎那天(いざなてん、いしゃなてん)からとみていいでしょう。

仏教における天神の人柱でシヴァやイザナギと同一視されます。

 

 

「機械天使の儀式」により降臨。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。

①の効果は儀式召喚に成功した場合に

相手に自分の魔法罠1枚を墓地に送らせる事を強制させるというものです。

丁度サイバー・エンジェル-荼吉尼-の効果の魔法罠版といった感じであり

相手の耐性を無視して除去を狙えますが

魔法罠はモンスターに比べてそこまで耐性を持っているカードがあるわけではなく

また相手がフリーチェーンの魔法罠を伏せていた場合は無駄撃ちになりやすい為、

通常の除去に比べてそこまで使い勝手がいいわけではありません。

ただ魔法罠には破壊された時や相手の効果で場から離れた時に発動する効果も多く

そういった条件で発動する効果を許さないのはポイントです。

 

 

②:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。

②の効果は相手モンスターを戦闘破壊して墓地へ送った時に

もう一度相手モンスターに攻撃できる連続攻撃効果です。

このカード自身の攻撃力は2500とそこまで高くありませんが

サイバー・エンジェル-韋駄天-やオネストで攻撃力を上昇させる事が出来る為

この効果を活かせる機会は多いでしょう。

サイバー・エンジェル-荼吉尼-と並べる事で貫通効果も付与できます。

 

 

③:1ターンに1度、
自分フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスターを対象とする
相手の効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

③の効果は1ターン1度、

サイバーエンジェル儀式モンスターが相手の効果の対象になった時に

墓地の儀式モンスターをデッキに戻す事で相手のカード1枚を破壊する除去効果です。

効果自体は無効にできませんが相手の効果に対する牽制にはなるでしょう。

特に除去効果を持っている類の相手エースモンスターには十分に意義があります。

 

 

同じくレベル8のサイバー・エンジェル-荼吉尼-と比較すると

除去効果などは少しぱっとしない感じはありますがそれでも連続攻撃は魅力的です。

サイバー・エンジェル-韋駄天-やオネストで攻撃力を上昇させる対象としては

サイバー・エンジェル-美朱濡-に続く候補となってくれるでしょう。

サーチ手段自体は豊富に存在してるので荼吉尼とは上手く使い分けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました