遊戯王カード考察:タツネクロ たつのこがアンデットになりました

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカードです。

 

 

 

タツネクロ
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 500/守1700
通常召喚したこのカードを素材としてS召喚する場合、
手札のモンスター1体もS素材にできる。
その時のS素材モンスターは墓地へは行かず除外される。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

闇属性アンデット族のレベル3チューナーです。

名前や外見、効果からたつのこの派生形と考えていいでしょう。

ちなみに攻撃力守備力がたつのこから反転しています。

 

ビフォー

アフター

アンデット化という事で体はボロボロになり骨がむき出しになています。

でもつぶらな瞳はそのまんまなので可愛らしいですね。

本人だけでなく背景の魚なども骨になっています。

マリオシリーズなんかこんな魚いませんでした?

 

 

通常召喚したこのカードを素材としてS召喚する場合、
手札のモンスター1体もS素材にできる。
その時のS素材モンスターは墓地へは行かず除外される。

効果外テキストとしてこのカードを通常召喚している場合、

このカードと一緒に手札のモンスターもシンクロ素材にする事が出来ます。

ただし手札のモンスターを素材にする場合シンクロ素材は除外されます。

たつのこの効果を強く意識した効果であり

シンクロ召喚の代わりに通常召喚が条件となっています。

あちらと違いシンクロ素材は除外されてしまい

また①の制約によりアンデット族しかシンクロ召喚が行えませんが

不知火あたりを素材にする場合除外する事がメリットにも繋がりますし

今回新規収録される魔法罠はいずれも除外されたアンデッドを

デッキに戻す事で発動できる効果があるのでそのサポートとしても活用できます。

 

 

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

①の効果はモンスターゾーンにいる間

アンデット族しか特殊召喚できなくなる制約です。

効果による制約なのでクレーンクレーンで蘇生したり

スキルドレインが発動されている場合などは

アンデット族以外も特殊召喚が可能となります。

アンデットワールドがあればアンデット族以外も蘇生が可能になるので

何気にアンデットワールドとシナジーがあったりはします。

またあくまで特殊召喚が不可能になるだけなので

①の効果でアンデット族以外を手札からシンクロ素材にするのは問題ありません。

シンクロ素材にするなりでこのカードがフィールドから離れれば

再びアンデット族以外も特殊召喚可能になる点も覚えておきましょう。

 

 

やはりこのカードを活かす場合①の効果による

手札からのシンクロ召喚を活用していく事になるでしょう。

狙い目となるのは高レベルのアンデットシンクロの召喚で

レベル5が手札にあれば戦神-不知火のシンクロ召喚を、

レベル7があれば炎神-不知火のシンクロ召喚を狙っていけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました