遊戯王カード考察:デストロイ・ドラゴン 今度のクリティウスは破壊輪と融合

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

デストロイ・ドラゴン/Destruction Dragon
融合・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2000/守3000
このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールドの
「破壊輪」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。その後、破壊したカードがモンスターカードだった場合、
その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

クリティウスの牙から特殊召喚される炎属性ドラゴン族のレベル8融合モンスターです。

クリティウスの牙関連の融合モンスターでは初のOCGオリジナルとなります。

ドリルになった尻尾が特徴的な鎧をまとったドラゴンです。

丁度破壊輪の輪の部分によくにた首輪をしています。

 

 

このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールドの
「破壊輪」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。

クリティウスの牙によってのみ特殊召喚が可能であり

融合素材とする罠カードには破壊輪を指定しています。

これもまた海馬がよく代表的な罠カードの1つであり

OCGオリジナルながらもちゃんと海馬のカードである事を意識させています。

破壊輪は制限カードながらも非常に汎用性の高いカードであり

ハノイの崇高なる力と合わせて様々なデッキに採用しやすく

クリティウスの牙の運用のしやすさに貢献してくれる事でしょう。

また一緒に収録される破壊輪廻を素材にする事も出来る為

破壊輪とまとめて採用すればよりこのカードの特殊召喚が狙いやすくなります。

なお破壊輪廻はフィールドでのみ破壊輪として扱う為

一度フィールドにセットして発動しないと素材にできない点に注意しましょう。

 

 

①:1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。その後、破壊したカードがモンスターカードだった場合、
その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

その効果は1ターンに1度、相手のカード1枚を破壊し

さらにそれがモンスターカードだった場合は

元々の攻撃力分だけ相手に効果ダメージを与える破壊&バーン効果です。

エラッタ前の破壊輪を意識しつつ相手にだけダメージを与えられるようになっている点や

いざという時は魔法罠を破壊できる点など元の破壊輪より強化されています。

丁度CNo.15 ギミック・パペット-シリアルキラーと同じような除去効果であり

これやCNo.39 希望皇ホープレイVが持つ破壊しつつ攻撃力分のダメージを与える効果は

その後の戦闘ダメージも含めれば相手に大ダメージを与えやすく強力です。

ただこのカードは攻撃力が2000とそれほど高くない為

上記のカードに比べると与える戦闘ダメージでは少し見劣りしてしまうでしょう。

星遺物を巡る戦い等で一時的に除外をしても次のターン効果を発動できるのは

エクシーズモンスターにはできない芸当です。

 

 

クリティウスの牙で出す融合モンスターの中でも積極的に使っていける優秀な効果を持ち

それに加えて元のカードとなる破壊輪も汎用性の高い効果を持っている為

単純に破壊輪1枚分だけクリティウスの牙の使い勝手を上昇させてくれるでしょう。

むしろ破壊輪自体が優秀なのでそのまま使うかこのカードを出すかで迷うぐらいでしょう。

あとは破壊輪廻も採用するかどうかといった所です。

 

 

もし今後クリティウスの牙用の融合モンスターがオリジナルで増えてくれば

それだけクリティウスの牙の価値も高くなってきますね。

あと海馬が使った代表的な罠カードってなんでしょうね。

最終突撃命令あたりでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました