遊戯王カード考察:ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者- ロード・オブ・ドラゴンさんがさらにはっちゃけました

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-/The King of D.
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1100
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う。
②:このカードが召喚に成功した時、
手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ドラゴンを呼ぶ笛」「ドラゴン・目覚めの旋律」「ドラゴン・復活の狂奏」
のいずれか1枚を手札に加える。

 

 

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-のリメイクとなる

闇属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

レベルや属性種族、攻撃力守備力などはリメイク前と同じ数値です。

ヘッド部分がブルーアイズのヘッドになっているという

すげーデザインのトリプルネックギターを奏でるロード・オブ・ドラゴンです。

さしずめブルーアイズアルティメットギターとも言うべき代物でしょうか。

英語名は「The King of D.」とロードからキングになっている他、

何故か「The」が追加されています。

ちなみにこのようにネック部分が3つ存在するギターは

「トリプルネックギター」と呼ばれ実在します(さらに多いのもあります)

主に複数のギターが必要な演奏を持ち変えの必要なく行う目的で使われます。

なのでこのカードのギターもそれほど奇抜というわけでは・・・

いややっぱり奇抜だわ

 

 

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う。

①の効果はモンスターゾーンに存在している間

カード名をロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-として扱うというものです。

これによりドラゴンの笛の発動条件を満たしたり

竜魔人 キングドラグーンの融合素材になれたりします。

 

 

②:このカードが召喚に成功した時、
手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ドラゴンを呼ぶ笛」「ドラゴン・目覚めの旋律」「ドラゴン・復活の狂奏」
のいずれか1枚を手札に加える。

②の効果は召喚に成功した時に手札から魔法罠1枚を捨てる事で

3つある魔法カードのいずれかをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

デッキに採用している事が条件ですが手札から展開したい場合はドラゴンを呼ぶ笛、

デッキから引っ張ってきたい場合はドラゴン・目覚めの戦慄、

戦闘ダメージを犠牲にしてでも蘇生したい場合はドラゴン・復活の狂奏と

目的や状況に応じて使い分ける事が可能です。

 

 

特に目覚めの戦慄と復活の狂奏は多くのドラゴン族にデッキにとって有用なカードであり

これらをサーチできる貴重な手段となります。

このカード自体がドラゴンを呼ぶ笛と復活の狂奏の発動条件になってくれる事もあり

これらのカードの使い勝手を飛躍的に高めてくれます。

モンスターを手札コストにはできない点と目覚めの戦慄を発動する場合は

そちらの手札コストも別途必要になる点には注意してください。

 

 

それにしてもやっぱりインパクトのあるギターしています。

そのうち実際に作られたりしないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました