遊戯王カード考察:リヴェンデット・エグゼクター ヴェンデット最高打点、皆に対象耐性付与

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

リヴェンデット・エグゼクター/Revendread Executor
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻3000/守 0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。
②:儀式召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の自分フィールドのカードを効果の対象にできない。
③:儀式召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ヴェンデット」カード1枚を手札に加える。

 

 

ヴェンデットの新規となる闇属性アンデット族のレベル8儀式モンスターです。

恐らくはリヴェンデット・スレイヤーがさらに進化した姿なのでしょう。

スーツ状の部分はほぼなくなり灰色の異形の身体となっています。

右足は戦闘の影響かまるで骨がむき出しになったような状態となっていますが

この骨も人間のものとは思えないような形状をしています。

ちなみにエグゼクターは処刑人という意味です。

ほぼスレイヤー(殺す者)と似たような意味合いですね。

もう「ヴェンデット殺すべし慈悲はない」って感じなんでしょう。

 

 

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。

①の効果はモンスターゾーンに存在している間

リヴェンデット・スレイヤーとして扱う名称変更効果です。

この効果からも元はリヴェンデット・スレイヤーである事が伺えます。

リヴェンデット・ボーンによる身代わり効果の対称となり

ヴェンデット・コアを素材にした場合に付与される対象耐性も含めれば

高い場持ちの性能を期待できます。

 

 

②:儀式召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の自分フィールドのカードを効果の対象にできない。

②の効果は儀式召喚しているこのカードが場に存在している間、

他の自分のカードを相手の効果対象にできなくさせるという耐性付与です。

特に魔法罠に対象耐性を付与させられるのが大きく

サイクロンなどの多くの魔法罠除去を腐らせる事が可能となり

ヴェンデット・ナイトやヴェンデット・ナイトメアの維持に大きく貢献できます。

自分自身に対象耐性は付与されないので

ヴェンデット・コアを素材にして対象耐性を付与したり

このカードを2枚並べるなどでフォローしましょう。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:儀式召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ヴェンデット」カード1枚を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、

儀式召喚しているこのカードが戦闘破壊か効果破壊された場合に

デッキからヴェンデットと名の付くカードを手札に加えるサーチ効果です。

ヴェンデットは墓地からの儀式召喚も出来るので

リヴェンデット・バースやリヴェンデット・ボーンなどの儀式魔法をサーチすれば

間髪入れずにこのカードの儀式召喚を狙っていく事も可能です。

勿論他のモンスターや魔法罠をサーチしてもよく

破壊されてしまった後のフォローとして機能してくれます。

 

 

攻撃力3000と現在ヴェンデット儀式モンスターで最高の攻撃力を誇ります。

特にヴェンデット・ストリゲスやヴェンデット・アニマなど

相手を戦闘破壊する事で発生する効果の付与対象として頼りになるでしょう。

ただレベルも最高の8なのでリリース要員として使っていける

レベル5のヴェンデット・キマイラなどを上手く活用していくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました