遊戯王カード考察:ヴェンデット・キマイラ 儀式召喚してもいいし生贄にしてもいい

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ヴェンデット・キマイラ/Vendread Chimera
儀式・効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2300/守 0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
②:このカードが儀式召喚のために、リリースまたは除外された場合に発動する。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。

 

 

ヴェンデットの新しい儀式モンスターとなる闇属性アンデット族のレベル5です。

様々な動物がぐちゃぐちゃに混ざり合って1つになったような

キマイラと呼ぶのもおぞましいほどの異形の姿をしています。

正直かなりSAN値の減る見た目をしています。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

①の効果は1ターンに1度、場のカードを破壊する効果が発動した時に

墓地のアンデット族を除外する事でそれを無効にして破壊するというものです。

どれだけ牽制になるかは相手次第ですが

破壊による除去をまったく行わないというデッキはあまりなく

一定以上の牽制、拘束性能は確保できます。

Vendread Coreをリリース要員にして儀式召喚した場合

対象耐性が得られるのでこの破壊効果の無効化もさらに活きてきます。

破壊効果を持つモンスターを相手が召喚したのに合わせて

ヴェンデット・リユニオンや蘇生カードなどでこのカードを出せば

より牽制としていやらしく機能します。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが儀式召喚のために、リリースまたは除外された場合に発動する。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。

②の効果は1ターンに1度、儀式召喚の為にリリースか除外された場合に

相手のモンスター全ての攻撃力守備力を500下げる弱体化効果です。

戦闘補助としては十分に頼りになる数値であり

ヴェンデットにはVendread StrigesVendread Nights等

戦闘破壊をトリガーとする効果もあるのでそれらのサポートとしても機能します。

永続的に弱体化させられるので相手のバトルフェイズ等に

ヴェンデット・リユニオンでこのカードを素材にした儀式召喚をするのも効果的です。

 

 

ヴェンデットの儀式モンスターの中で唯一儀式召喚後に

墓地に送られる効果を持っていないものの

代わりに儀式召喚の生贄になった際に発動する効果を持っているという

ヴェンデットの中でも儀式とそれ以外のモンスターの中間のような性能を持っています。

破壊効果の無効化が機能する相手ならば積極的に儀式召喚を狙い、

そうでない相手の場合は儀式召喚の生贄に徹するという使い分けができるので

相手に合わせて柔軟に使っていきましょう。

 

 

ちなみに②の効果は他の儀式以外のヴェンデットモンスターと違い、

ヴェンデット以外の儀式モンスターの生贄となった場合にも効果を発動可能です。

リリース要員に徹するのであれば他の儀式デッキに出張させるのも面白いです。

レベルが5と比較的高く悪夢再びで墓地から回収も出来るので

そういう意味でも生贄要員として優秀です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました